シンプルな表現を考える

英語日記を書くのに大切なことは、シンプルな表現を意識することです。 Read the rest of this entry »

質問されたつもりで答える

英語日記では日々の出来事を書くことが多いのですが、ちょっと変わった視点から考えてみると、意外と話題が広がるものです。 Read the rest of this entry »

英語手帳の書き方

英語手帳を続けることで英語に触れる機会が増え、英語を使うことが楽しくなってくるはずです。 Read the rest of this entry »

英語日記のデメリット

英語日記を続けることは、自分の知識をアウトプットすることで知識を確実にするメリットがあるのですが、反面でデメリットもあります。 Read the rest of this entry »

ライティングが上達する勉強法

英語ライティングが上達するためには、いくつかの勉強方法があります。毎日でなくてもいいのですが、とにかく書く必要がありますから、まずは英文法を身につけましょう。 Read the rest of this entry »

英語手帳を持ち歩く

英語手帳を持ち歩くのも、英語学習のやる気を長続きさせるツールとして役立ちます。英語手帳といっても、絶対に英語しか書かないと決めてしまうとプレッシャーで逆効果になるかも知れませんから臨機応変に使いましょう。

私は英語日記は書き味を重視した少し大きめの日記帳を使っていますが、これ以外に普段持ち歩いている手帳があります。日々のスケジュールなども、分かる範囲で英語を書くようにしています。飲み会の予定は、drinking party と書くより「飲み会」 と日本語で書いたほうが安心できますけど(笑)。

スケジュールなどを管理しやすいのはMy Personal Planner
だと思います。

日常生活に使われる英単語や言い回しに加え、ビジネスマンや学生が頻繁に使いそうな表現集が掲載されていますから、ちょっとしたメモを英語で書きたいときに参照すれば英語のセンスを磨くことができます。

一週間が見開きの構成ですから、何かのキッカケで知った英語表現や英単語なども、この英語手帳に書いておけば後から復習もできるのでオススメです。

英語を書くのは大変な労力を必要とするのは確かです。自分の知っている知識を脳を使って手を使って形にするわけですから、英会話や本を読むのとは違った「疲れ」を感じます。

手を使って紙に書き出すことは、英語に限らず日本語でも同じではないでしょうか。

このサイトもそうですが、パソコンで文字入力することが多いので、文字をきれいに書くといった努力もいりませんし、漢字も自動的にでてきます。

ところが紙に書こうとすると違った筋肉を使うので、それだけ気を使うことになります。ボールペンを使って書くとすると、英語のスペルも間違えないようにきれいに書こうと慎重になります。

考えようによっては、英語を紙に書くということは、真剣に英語に取り組んでいると言えるのではないでしょうか。

あまり真剣に考えないでもいいのですが、取り合えず英語手帳を使ってみませんか?

メモ感覚で英会話を身につけたいなら、この本が役立つはずです。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

ライティングスキルが上達する方法

英語を書くライティングスキルが上がると、話す聞く読むなど他のスキルも上げることができます。 Read the rest of this entry »

正しい英語表現の探し方

英語を書いていて悩むことが多いのは、英単語や英文法といった基礎的なものから、前置詞の使い方といったところでしょうか。

英単語については和英・英和辞書を調べれば大抵の語句は分かりますが、用例については収録されている表現に限りがありますから、自分の書きたい文章が必ず見つかわけではありません。

自分の書きたい文章が正しいかどうかを調べたいときに、ネイティブに相談できる環境にいる人は少ないと思います。でも安心してください。あなたの近くには、頼りになるネイティブスピーカーがいます。

■検索エンジンを利用する

検索エンジンはただ単に知りたい情報をサイトから検索してくるだけでなく、様々な機能を持っています。英語を学習するのに便利な機能を紹介してみます。

1.英語の文章を添削してくれる

検索エンジンの Google に次の文章を入れて検索してみてください。

I usualy walk in the park.

もしかして: I usually walk in the park.

検索結果の最上段に、こんな表示が出来てきませんでしたか?

そう、入力した文章が誤っているのではないかと検地されると、Google が正しい文章や語句を表示してくれるんです。

この機能を使わない手はないですよね。

あやふやな英語の文章があれば、google の検索窓にドンドン入力して正しい英語を教えてもらいましょう。

2.正しい前置詞を教えてくれる

先の例で、”walk in the park” か “walk on the park” かを悩んだとします。このときには、Google の検索窓に、

walk * the park

と入力して検索してみましょう。どうですか、いくつかの用例がでてきたと思いますが、”walk in the park” が圧倒的に多く検索されたのではないでしょうか? ところが “walk on the palk” は一件もありませんね。つまり、”walk in the park” が正しいということです。

英語の前置詞は慣れないと悩むことが多いのですが、この方法であれば正しい前置詞を調べることができますし、自分の知りたい語句以外の表現を学ぶことができます。

是非、試してみてください。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英文を書くのが苦手な人の勉強法

このサイトでは英語日記を使って、英語学習を長続きさせる方法を紹介しています。 Read the rest of this entry »

ディクテーションで知識の定着

ディクテーションとは、英語を聞きながら、その通りに書き出していく練習方法です。英語を聞きながら後をついて話すシャドーイングと似ていますが、ある程度の長さを一度に聞き取らないといけないので集中力が必要です。 Read the rest of this entry »