交換日記を始めてみる

英語の勉強を習慣にするには、仲間を作るのも一つの方法です。

英語に興味を持っているお友だちがいれば、交換日記を始めてみてはいかがでしょうか。ノート一冊あればできることなので、お金もそれほどかかりません。

1日に1ページ使うともったいないですから、1行や2行でもいいので書いたすぐ下に書き加えていくようにしましょう。

例えば次のようなやりかたです。

Oct 1,2017 Sunny day
I bought this notebook today. Let’s start english diary, Taro.

Oct 2,2017 Cloud
Thank you, Hiro. Let’s have fun.

これくらいの短い文章から始めたほうが、長続きするはずです。同じレベルで始めたとしても、英語学習を進めるうちにどちらかが知らない単語や表現がでてくるはずです。友だちならそんな疑問も質問しやすいですし、自分で調べてみようという意欲もわいてきますよね。

英語の学習が進むにつれて過去に書いた文章の間違いを見つけることもあるでしょうが、そんなときは消しゴムで消さないで赤ペンで修正するように指導してあげてください。

消してしまうとどうして間違えたかが後で分からなくなりますし、自分たちの成長の記録にもなるので、数ヶ月や1年後に自分たちの書いた英語日記を読み返したときにも励みになるはずです。

今は小中学生でもスマホを持っていてメールでやりとりする方法もありますが、語学は紙に書いたほうが上達が早いしちゃんと記録が残せるので、是非ノートを使った交換日記をすすめてください。

子どもが英語を始めたので、自分も英語の勉強をやり直したいと思ったことはありませんか?
英語にゼロから取り組むための勉強法