ペーパーバックの読み方

声を出さなくてもいいのですが、リーディングを続けていると英語の表現が自然と身についてきます。文法とかを超えた、英語の意味がイメージとして理解できるようになります。

ペーパーバックで小説を数多く読んでいれば、多少の文法は分からなくても作者の言いたいことが分かってきます。作家は物書きのプロですから、読者に分かりやすい、言い換えればイメージしやすい表現を使って物語を書き進めています。

ペーパーバックを読み始めて間もないころは辞書を手放さないと読めないはずですが、その本で重要な単語などは繰り返し出てきますから、しだいに辞書がなくても読めるようになってくるはずです。

逆にいえば、ペーパーバックに限らず英語初心者が英語を読むには、英和辞書あるいは英英辞書を徹底的に使う必要があるということです。

辞書を使いながら英文を読むことで、その英単語の本当の意味が分かってきます。単に意味が分かるだけでなく、英単語の心が分かるといった感覚です。

英単語だけでなく熟語の意味も何となく分かってくるはずです。同じ英単語でも on がつくとこんな意味、in がつくとこんな意味だろうと想像がつくようになってきます。

このための一番いい方法がペーパーバックだと思います。日本人の書いた英文はネイティブには読みづらいといわれるこがありますが、これは発想が日本と欧米では違うからだそうです。

ネイティブが書いた本を数多く読み、分からない英単語は面倒くさがらずに徹底的に辞書で調べる。地味な作業ですが、確実に実力はアップします。

「アナと雪の女王」を、ネイティブの小学校高学年程度の英語で読んでみませんか。映画を観てストーリーが分かっていれば、無理なく読み進めることができるはずです。

スポンサーリンク

ブルーレイ+DVDはコチラ

allowペーパーバックの選び方
失敗しないペーパーバックの選び方について紹介しています。

allowペーペーバックを読んでみよう
準備が出来たら効果的にペーパーバックを読む方法をマスターしましょう。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

スポンサーリンク