英語手帳の書き方

英語手帳を続けることで英語に触れる機会が増え、英語を使うことが楽しくなってくるはずです。

手帳なので誰に見られることもなく、間違いを気にしないでリラックスでいて書けるのではないでしょうか。

手帳なので、基本的にはスケジュールや予定を書くことが多くなると思います。

英単語は日本語に比べると長くなりがちですから、twitterやブログなどでも略語をよく見かけます。

普段の生活で使えそうな、英単語の略語を少し紹介します。

会議=meeting=MTG

~の前に=before=B4

彼氏=boy friend=bf 彼女=girl friend=gf

一緒に=with=w/

前置詞のatは@に、toは2に置き換えてみるのはどうでしょうか。

lunch@CASA

1階会議室A=1F Meeting Room A=@1F MR A

buy present2Hiro

lunchが長いと感じたら、Lchに省略してみるのもアリでしょう。

スポンサーリンク

英語が思いつかないとか、人の名前など日本語にしたほうが見やすいこともありますから、自分なりに読みやすい英語手帳になるよう工夫してみるのも面白いですよ。

無理に英語で書こうとするより、英語をオモチャにして楽しむくらいのほうが長続きするはずです。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

スポンサーリンク