感謝と謝罪

英語では、「感謝と謝罪」は明確に分かれていますが、日本語では結構あいまいだったりしますよね。英語で感謝は “Thanks”, “Appreciate”、謝罪は “Sorry”, “Apology” などがあります。

日本語ではどうかというと、人に何かを手伝ってもらったり親切にしてもらうと、感謝の気持ちを伝えるために「どうも、すみません」と謝罪します。つい言葉に出てしまいますよね(笑)。

外国で人に親切にしてもらったときに “I’m sorry.” と言うと、変な顔をされることでしょう。自分をへりくだる日本独特の?文化ですからね。

日本に長く住んでいらっしゃる外人さんであれば使い分けができてるみたいですから、感謝の気持ちを「すみません」と伝えても問題はないようです。

スポンサーリンク

若い人であれば、日本人同士であっても「サンキュー」なんて気軽に話してますから問題はないでしょうが、お年を召した方は「自分は申し訳ないという気持ちを伝えたいんだ」と、” I’m sorry.” にこだわる方もいらっしゃるようです。特に通訳を介しているときは、通訳泣かせなんでしょうね。

英語で感謝と謝罪を表現するのには、ビックリするくらい単語があるものです。謝罪のなかには遠回しな「お断り」の表現もあるので、さらに表現が増えてきます。一度には覚えきれないので、本をたくさん読むなり洋画を楽しみながら覚えていったほうがよさそうです。

スポンサーリンク


allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法