ペーパーバックの選び方

ペーパーバックの種類はたくさんありますが、いきなり洋画の原書を読もうとすると難しすぎて嫌になります。いつの間にか読まなくなってしまったペーパーバックが一冊くらいは本棚に並んでいるかも知れませんね。

今まで英文に触れたのが学校の教科書くらいの人であれば、まずは一冊読み終えて自信をつけることが大切だと思います。英文のレベルがはっきりと分かり読みやすい本といえば、やはり Penguin Readers が一番オススメできます。映画になった原作本の要約版もありますから、ストーリーを知っている物語であれば、英文を読むスピードもアップするはずです。

大きな本屋さんであればペーパーバックを扱っているいるはずですから、パラパラと立ち読みして自分が読めそうな内容か確認してみるといいですね。

まず一冊を読みきるのが最初の目的ですから、ページ数が少ない本を選ぶのもポイントです。目安としては50ページ以下のほうがいいでしょう。きれいなイラストがあれば、読む手助けにもなります。

自分の好きなジャンル(例えばアドベンチャー)などを続けて読めば、そのジャンルによく出る英単語をお馴染みさんになるので、読むスピードも次第に早くなるはずです。

もし近くにペーパーバックを扱っている本屋さんがなければ、Amazon などのインターネット書店を利用する手もあります。自分の目的にあった条件で検索すればたくさんの本の中から選べますし、本の内容やページ数ものっていますから、こちらの方が便利かも知れません。

スポンサーリンク

Penguin Readers の Level 1 と Level 2 には次のような本があります。

penguin level 1で検索した結果です。

penguin level 2で検索した結果です。

ペーペーバックを読んでみよう
読んでみたいペーパーバックが届いたら、こんな方法を試してみませんか。読む楽しみも増えますし読むスピードも速くなります。

スポンサーリンク