英語の文法

英語の基本

英文法を自分でチェックできるツール

自分の書いた英語日記の英文法をすぐにチェックできるツールを紹介します。
英語の表現を広げる

接続詞で英語らしく

短い英文が書けるようになったら、接続詞を使って英語らしい表現してみましょう。接続詞は数多くありますが、日常会話などでも使いやすいものを紹介します。
英語の基本

能動態と受動態

能動態は「誰が」「何を」「した」と、何かをする側からの表現ですが、受動態は「誰が」「誰から」「何を」「された」の表現です。
英語の基本

現在のことを書く

日記では今日会ったことなど過去のことを書くことが多いですが、いま考えていることなど現在のことを書いておくこともありますね。
英語の基本

未来のことを書く

未来のことを書くには、"be going to" と "will" の二つで表現できます。
英語の基本

過去のことを書く

日記では過去のことを書くことが多いですから、その英語表現を学習しましょう。過去を表現するには動詞の過去形を使います。
英語の基本

目的語でもっと詳しく「主語+動詞+目的語」

主語+動詞+目的語も、「誰が+どうした+何を」の形です。目的語は動詞の「何を」を説明するもので、名詞・動名詞・thatの形を覚えておけば使える表現が増えます。
英語の表現を広げる

乗り物に乗るときの表現

英語では乗り物に乗る(乗った)ときの表現に、"in" と "on"を使い分けるのをご存じでしたか?
英語の基本

主語を説明してみよう「主語+動詞+補語」

主語+動詞+補語の形です。補語は主語の「何」を説明するものです。
英語の基本

主語+動詞が英語の基本

どんなに長い英文でも、基本は「主語+動詞」から始まります。これに目的語や補語、修飾語などがくっついて一つの文章になります。
英語の表現を広げる

間違いやすい前置詞

英語の前置詞は日本語の発想と違う部分が多く、間違いやすいものがあります。
英語の表現を広げる

「a」と「the」について

英語を学習していくなかで悩むことが多いのことのひとつに、名詞に「a」をつけるか「the」をつけるか、あるいはつけなくていいのか、といったことがあります。