英語の発音はフォニックスでマスター

英語の発音は、英語学習を始める初期の時点でマスターしておくほうがいいと思います。

英語を話すには、正しい発音でなければ相手に通じないのと同じように、英語を聞くのにも正しい発音を知らなければ理解することはできません。

日本語は母音の発音が主に使われ、英語は子音が主に使われているというのを聞いたことがあると思います。英語の正しい発音を知らない日本人が英語を聞いても母音しか聞こえない、というか子音を聞こうとしないので、いつまで経っても英語が聞き取れないわけです。

では、ひたすら英語を聞き流せば、英語が聞き取れるようになるのでしょうか。

答えは、残念ながら「No」です。

赤ちゃんは英語をひたすら聞いているとよくいわれますが、私たちはすでに日本語の脳が出来上がってしまっているので、赤ちゃんと同じ方法で英語を聞き取ろうとしても、日本語脳がブロックしようとします。

(音楽の世界で、すべての音階を正確に聞き取る「絶対音感」という言葉がありますが、そういった能力のある人は比較的聞き取りに苦労しないといったことを何かで読んだことがあります。)

それでは、私たちが英語の発音をマスターする近道はというと、フォニックス方式が一番だと思います。

フォニックス方式とは、アルファベットのすべての文字の発音を身につけることです。それから、「ea 」や「 ph 」といった組み合わせ文字の発音を練習します。

アメリカでは幼稚園でフォニックスを教えてることからもうなずけますし、米国学術研究会議や全米リーデイング委員会といった研究機関でも、最も効果的な発音の学習方法であるといった報告がされています。

それでは、私たちがフォニックスを学習するには、どうしたらいいのでしょうか。

フォニックスは本を読むだけでは習得できないので正しいお手本が必要になりますが、それだけを教えてくれる英会話教室は恐らくないでしょう。インターネットを調べてみると、口の動きを動画で説明してくれるサイトなどもありましたが、日本人向けに作られたものはありませんでした。

いろいろ調べているうちに見つけたのが「みいちゃんママの英語教室」です。名前からも想像できるように、子供向けの英会話教室です。

このサイトでは、小学生による英語子ども劇の様子を公開していますので、一度見てください。耳を疑うような滑らかな発音で英語を話しています。

「みいちゃんママの英語教室」では、教室に通えない子どもはもちろん、すべての年齢層でもフォニックスが練習できるようにDVD教材を用意してくれています。

フォニックスの教え方はというと、さすがに子ども向け教室の先生だけあって、非常に分かりやすい教え方です。舌の動かし方や唇の形など、子どもでも理解できる身近な例えなのでDVDを見ながら練習できます。

サイトには「 r 」の音を練習するサンプルがありますので、実際に体験することができます。

「みいちゃんママの英語教室」の詳細はこちらで確認できます。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法