英単語は質より量

英語初心者が英単語を覚えるのに気をつけたいのは、質より量を意識するということです。

学校教育の影響を受けているためか、スペルまで正確に覚えようとしてなかなか量が増えない人がいます。

学校英語のテストではスペルを間違えると0点ですし、漢字の書き取りでは点を忘れたら0点です。

そのため、ノートに何十回と書いて覚えた経験は誰にでもあるはずです。

ところが学校を卒業して実生活ではどうでしょうか。

読むことはできても書くことができない漢字は、意外にたくさんあるのではないでしょうか。

英語でも同じことです。ネイティブ同士の会話でも、多少の英単語の間違いや英文法の間違いがあったとしても、特に気にしません。

欧米はタイプライターの文化ですが、パソコンが普及してワープロソフトに変わっても、手書きよりはワープロの文書を好むようです。

ワープロソフトには、古くからスペルチェック機能が装備されていました。これは、英単語を正確に覚えていない人が多いことをサポートするためだと思います。

スポンサーリンク

ネイティブでも全ての英単語のスペルを正確には覚えていないのですから、私たちが100%正確でないとしても学力が低いとは思われません。

初心者のうちは、特にスピードが大切です。

細かい点は気にせずに、たくさんの英単語を覚えていくことに重点を置いて学習していくほうが、英語の楽しさを実感できます。

基礎の英文法をマスターしたあとは、英単語の量を増やすことに重点を置きましょう。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

スポンサーリンク