英語の学習プラン

英語に限らず何かをするときには、プランを作っておくことで効率がよくなります。

例えば旅行に行く前には、行きたい場所、そこまでのルートと時刻表、泊まる宿など、旅行のプランを作りますよね。

英語の学習もそれと同じで学習プランを作っておけば、次に何をすればいいのかが分かるので、効率よく進めることができます。

あなたが学生で次のテストのための学習をするのであれば、テスト範囲を丸暗記して紙に書き出すことができれば、テストの点数は大幅にアップします。

英文を丸暗記するためには、英文をコピーするか紙に書き出して、スキマ時間に音読する必要があるでしょう。

あなたが海外出張を控えているのであれば、空港で必要な英会話を覚え、仕事先では最低でも自己紹介ができる英語力が必要でしょう。

レストランなどで食事をするための英語も必要になりますね。

言葉には、聴話読書と4つの軸があります。

このうち聴・読・書は、自学習でも進めることができますが、話は聞いてくれる人がいて、ちゃんと通じるかチェックしてもらう必要があります。

最近の学校ではネイティブの講師が臨時で働いていることが多いようですから、少し時間をとってもらうのがいいでしょう。

社会人であればスカイプを利用した英会話教室が一回数千円で利用できますから、カンペを作っておいてもいいので、自分の英語が通じるかチェックしてもらうことができます。

英語の学習をするのであれば、簡単でもいいからプランを作っておけば、やる気も長続きしますよ。

英語初心者が最初に覚えること

英語初心者が最初に覚えるのは、たった3つだけでいいんです。あれもこれもと、あせってしまうと逆に遠回りしてしまいます。

確実に覚えて欲しい3つのことは何かというと・・・

品詞

動詞、名詞、形容詞、副詞といった品詞は必ずマスターしてください。副詞って何?形容詞って何?と思われる方もいらっしゃるでしょうから、簡単に説明すると、

dogは名詞ですね。白いとか面白いといったが語尾に「い」がつくのは形容詞。では、「白い犬」はwhite dogなので「形容詞+名詞」かというと、英語ではwhite dogが名詞なんです。

副詞+形容詞+名詞でも同じく、very white dogを一つの名詞として扱います。

このような品詞の扱いを理解していれば・・・

英文法

●文型
英文法には、最初に覚えたい文型が4つあります。この文型には副詞とか形容詞とかは出て来ません。どうしてかというと、上で説明したように副詞や形容詞ついた名詞は「名詞」として扱われるからです。

動詞なら、自動詞や他動詞の違いもあります。

英文法を勉強するより、私はペラペラ喋りたいんだよ、という気持ちは理解できます。私の経験から言わせてもらえれば、英文法を理解していないのにペラペラ話すことは絶対にできないですし、相手が何を話しているのかさえ理解できないので、そもそも会話が成り立たないのです。

「英文法とは丸暗記するもの」、というのが学校の教え方ですが、「英文法は理解するもの」ということが分かれば、それほど難しいものではありません。

もちろん、覚えないといけない規則はありますが、英文法の基礎は非常に単純なので、基礎を理解できれば中級や上級へもスンナリとステップアップできるはずです。

単語力

品詞の使い方や英文法を理解できたら、単語力(語彙)を増やしましょう。英単語は単語帳のようなもので覚えるより、文章として覚えるほうが覚えやすいですし、応用力もつきます。

英語初心者はペラペラ喋る人を見てあこがれるものですが、実際にはこのように地道な知識の積み重ねがあって英語を話せるようになったんですね。

英語を聞き流していれば、いつかは英会話がペラペラになるだろうとか、英会話のフレーズ集を覚えていけば海外旅行の準備はOK、なんてことは絶対にありません。

そんなに簡単に英語がマスターできるのなら、中学校・高校・大学と、すべて聞き流しで済むので、教室に先生は必要ないと思いませんか?

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英単語は質より量

英語初心者が英単語を覚えるのに気をつけたいのは、質より量を意識するということです。

学校教育の影響を受けているためか、スペルまで正確に覚えようとしてなかなか量が増えない人がいます。

学校英語のテストではスペルを間違えると0点ですし、漢字の書き取りでは点を忘れたら0点です。

そのため、ノートに何十回と書いて覚えた経験は誰にでもあるはずです。

ところが学校を卒業して実生活ではどうでしょうか。

読むことはできても書くことができない漢字は、意外にたくさんあるのではないでしょうか。

英語でも同じことです。ネイティブ同士の会話でも、多少の英単語の間違いや英文法の間違いがあったとしても、特に気にしません。

欧米はタイプライターの文化ですが、パソコンが普及してワープロソフトに変わっても、手書きよりはワープロの文書を好むようです。

ワープロソフトには、古くからスペルチェック機能が装備されていました。これは、英単語を正確に覚えていない人が多いことをサポートするためだと思います。

ネイティブでも全ての英単語のスペルを正確には覚えていないのですから、私たちが100%正確でないとしても学力が低いとは思われません。

初心者のうちは、特にスピードが大切です。

細かい点は気にせずに、たくさんの英単語を覚えていくことに重点を置いて学習していくほうが、英語の楽しさを実感できます。

基礎の英文法をマスターしたあとは、英単語の量を増やすことに重点を置きましょう。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英語学習を長続きさせるコツ

英語学習を長続きさせるにはちょっとしたコツがあります。他のページにも英語学習の方法を書いていますが、おさらいとコツについてまとめてみます。

1.英語関係の本などを目に付きやすいところに置く
これは必須ですね。ただ、どんな本や教材が自分に合っているか分からない時点で、難しい内容のものを置いても無意味なので、まずは英語日記から始めることをオススメします。

2.英語学習する時間帯を決める
これも英語初心者のうちは必須です。できるだけ無理をせず、例外を認めないことが原則ですから、時間は慎重に決めましょう。朝方の人なら朝6時から6時半まで、夜型に人なら寝る前の夜10時から10時半までなどがいいでしょう。

3.英語学習する目的をハッキリさせる
英語が話せるようになったら、どんな自分になっているのでしょう。海外旅行で自由に英語を話せている。洋画やドラマを字幕なしで楽しんで観ている。あなたは、どんな自分になりたいですか?

4.自分にあった英語教材を選ぶ
私がなかなか上達できなかった理由がここにありました。あせるあまり、あるいはテレビの宣伝などを観て、自分に合わない英語学習方法を続けてもイヤになるだけです。英語教材は慎重に選びましょう。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

TOEIC で実力チェック

TOEIC の試験は、英語初心者でも聞いたことがあると思います。TOEICはどの国の人が受験しても、同じ英語レベルの人は同じ点数が取れるということで世界的に認められている英語能力の認定試験です。

英語の実力がどれだけのレベルなのかを知るのに、TOEIC の試験はうってつけといえるでしょう。

TOEIC テストで英語初心者が最初に目標とするのは、470点を突破することです。中学卒業レベルで350点といわれていますが、日常会話で使える英会話コミュニケーション能力は470点です。

TOEIC 試験の点数で英語能力を知るといっても、毎回試験を受ける必要はありません。本屋さんでは TOEIC の模擬テスト本がたくさん並んでいますから、本試験を受けなくても自分のレベルは測定できます。

TOEIC の試験時間は2時間ですから、落ち着いて時間を確保できる環境を整えてからチャレンジしてみましょう。模擬試験を受けるには本番と同じ環境にするために、携帯電話の電源を切ったりして外からの邪魔が入らないようにしてください。

TOEIC では話す試験がありませんから、どうしても聞き取り中心の学習方法になってしまいます。

TOEIC の点数を伸ばすのが英語初心者の目的ではないので、TOEIC に限定した勉強方法はオススメできません。ただし、昇進や就職のために TOEIC  650点以上を目指す人は、英会話とのバランスを意識して TOEIC の勉強を進めてください。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

洋画DVDで英語学習できる

洋画やドラマのDVDで、生きた英語を学ぼう。こんなことを考えて、使えそうな表現を勉強していた時期がありました。

ところが、やみくもに覚えても、意外な失敗をすることがあります。

例えば、「catch ya later (catch you later)」(キャッチャレイター=「後でね」みたいな表現)ロイ・シャイダー主演のブルーサンダーや、ダスティン・ホフマン主演のクレイマークレイマなどで使われていました。

これ何となくカッコいいと思って、英会話教室に何年か通っている友達に話したところ、「何それ?」って言われたので、「こんな場面で使うんだよ」って教えてあげました。

アメリカ人と話す機会があったので、「英会話教室に通ってても、こんな簡単な表現も習わないんですね。やっぱり生きた英語は洋画に限りますよ」って得意げに話したところ、「catch you laterはドラマや映画で使う言葉で、日常会話では使わないよ」って言われました。使ったとしても、特に親しい人に使う程度だそうです。

もう、赤面状態です(笑)。

洋画で英語学習するには、こんなことにも気をつけなければいけません。

友達同士の会話には使えても、目上の人には使えない表現もありますから、洋画やドラマで英語学習をするなら、その映画をちゃんと解説してくれる教材で勉強するほうが無難ですね。

アメリカで放送されているドラマを使った教材などもいくつか発売されていますが、一話のストーリーが長すぎるので集中した学習ができずに結局本棚に並んでいるだけ(笑)といったことがありました。英語伝で発売されている字幕なしで英語ドラマを見るDVD教材はニューヨークを舞台にして様々な人の生活から英会話を学習する点は同じですが、一話が3分程度と短いので取り組みやすい教材です。

教材の対象者はTOEIC250点からとなっていますから、英文スクリプトをONにしてDVDをみれば中学卒業レベルの英語力でもある程度は理解できるはずです。ドラマの背景を説明した説明と、内容を理解できているかのワークブックもついているので理解度の確認もできます。

ドラマのほうが表情やゼスチャーなども分かるし、何より楽しみながら英語学習できると考えている人であれば、ピッタリの教材になるでしょう。

レンタルビデオよりお得で効果的な動画配信サイトのHuluを活用した英語学習方法は、こちらのページで紹介しています。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英語ニュースで英語の学習

英語ニュースで英語学習ができるのかというと、結論からいえば英語初心者には向いていないと思います。

日本のテレビや新聞をみても分かりますが、話題の多くは政治・経済あるいは犯罪といったテーマが多く取り上げられていますよね。日常会話とは違って専門的な単語が多く使われています。

英語でこれらのテーマが扱われているものとしては、タイム誌(TIME)やNHKで放送されている海外ニュースの副音声があります。

実際に読んだり聴いてみれば分かりますが、ほとんど読んだり聞き取ったりできないと思います。理由は知らない単語や言い回しが多すぎるからです。日常会話とは全く違う内容ですから、英語初心者がいきなり挑戦しようとしても、役に立たない表現ばかりですぐにイヤになってしまうはずです。

ほとんど英語を話せない私の友人が、「英語を話せなくてもいい、読めればいいんだ」といってアルクの「タイム・リーディングマラソン」に挑戦したことがありました。しかし、日本語の解説を読んでも難しい単語の解説ばかりで面白くないといって、すぐに投げ出してしまったことがありました。

英語に限らず、学習は自分のレベルにあった方法でしないと長続きしないものです。これから英語に挑戦するのであれば、自分の知っている単語を自由に使えるようにしながら、知識を増やしていくほうが結果的には早道です。

英語日記をつけるのには難しい決め事もありませんし、とにかく英語を書き出すことで自分の成長も判断できます。英語初心者には一番いい方法だと思っています。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英語を無料で学習できるのか

英語を勉強するための教材は数万円と高価なものが多く、英会話教室に通うと数十万円かかることもあるので、できれば無料で学習したいと思うこともあります。

実際に無料で英語が勉強できるかというと、やはり補助的に活用するのが限度でしょう。

英語学習が無料でできる方法をいくつか紹介してみると、次のような方法があります。

NHK
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/index.html

英語のレベル別にいろんな番組があるので、英語の王道といえばNHKを支持する人も多いです。しかし、番組を視聴するだけでは得られる知識は限られるので、やはりテキストの購入は必須なので無料でとはいかないですね。インターネットと連動して知識を高める工夫がされているので、こちらは無料で楽しみながら英語の学習ができます。

VOA
http://www.voanews.com/specialenglish/

英語を勉強する人が一度はお世話になる?VOA (Voice of America) は、世界的にも有名な英語学習教材です。

なかでも、Special English は英語圏外の人に向けた番組なので、英語に慣れるためには積極的に活用したいサイトです。

ただ、番組で使われる単語数は1500個しかなく、話し方もかなりユックリです。当然ですが英文のスクリプトしか用意されていないので、正しい日本誤訳ができているか不安になることもあります。この点がクリアできるのであれば、英語初心者用のヒアリング・音読の教材としては最適かもしれません。

英語が無料で学習できる方法を2つ書いてみましたが、キチンと学習するためには、上達に必要なカリキュラムが組まれた教材を購入したほうが成果はでやすいのではないでしょうか。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英語に囲まれた環境作り

英語の勉強に限らず、新しいことを始めるには環境作りも大切なポイントです。マンガの本が散らかっている環境で集中できないことは、簡単に想像できますよね。

英語を勉強する理由が見つかった人は、それを忘れないように英語に囲まれた環境作りをしましょう。そのための方法とは、こんな簡単なことです。

1.英語を勉強する理由を紙に書いて、いろんな所に貼り付ける。

CDやDVDのケースがあれば、これに書いて、トイレやお風呂、パソコンの横、玄関など、いたるところにおいて置きます。財布や定期入れなど、一日に何回も見るものも有効です。

2.外国の人と一緒に写真を撮ってもらう

都会に住んでいるのであれば、外国人の人と出会うこともあるでしょう。相手の人が日本語を話せるのであれば、理由を説明して一緒に写真を撮ってもらいましょう。

近くに教会があって牧師さんが外国の方であれば、まず断られることはないと思います。

どうしても一緒に写真を撮ってくれる人が見つからなければ、写真を合成することもできます。インターネットでは画像の検索もできますから、好きなタレントと一緒に写っている画像を合成することもできます。

こうして出来た写真を机の上に置いていれば、絶対に英語を話せるようになろうと、英語を勉強する動機付けになります。

マンガの本を散らかす代わりに、英語の絵本を散らかしましょう(笑)。「ちょっと読んでみるか」って気になるはずです。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英語を勉強する理由は?

あなたが「英語の勉強を始めよう」あるいは、「英語の勉強をやり直そう」と思い立った理由はなんでしょうか?英語の勉強を始めるなら、この『理由』をはっきりさせたほうが、上達のスピードは確実にアップします。

英語の勉強を始める前に、『理由』をリスト・アップしてみましょう。

・旅行先のハワイで、英語が通じなくて困った。
・アメリカの映画やドラマを、字幕なしで観たい。
・ビートルズの歌を、日本語と同じように聞きたい。
・英語が使えたら、就職や転職に有利だ。
・近くでバイトしてる、アメリカ人の女性(男性)とデートしたい。

あなたが英語を勉強したい『理由』は何ですか?

「英語が話せたら、何となくカッコイイ」なんて言わないでくださいね。

どうしても英語の勉強をしたい『理由』が見つからないなら、別の質問をしてみましょうか?

私が英語を話せるようになったら、○○○が出来る。

私は○○○のために、英語の勉強をする。

どうしても『理由』が見つからないなら、今は英語の勉強をする時期ではないのかも知れません。冷たいようですが、別のことに時間を使ったほうがいいでしょう。理由が見つかれば、今までよりも意欲的に英語の勉強に取り組めるはずです。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

初心者は英語教室に向かない

「英語の勉強をするなら、まず英会話教室に通おう!」

「ちゃんとしたカリキュラムでネイティブの講師に教えてもらえば、英会話上達は間違いない」

こんな風に思ったことはありませんか?

でも、初心者がいきなり英会話教室に通うのは、実は大きな落とし穴があったりします。

落とし穴 その1

英会話教室のレッスンはフリータイム制のところが多いようですが、普通は週に1回か2回くらいしか通えないでしょう。しかも1回のレッスンは60~90分。

数人でレッスンを受けることになるので、自分が英語を話す時間は限られてきます。でも、皆んなと一緒に和気アイアイとレッスンを受けていると、何となく英語が話せているような気になったりします。

ここで初心者が勘違いしやすいのは、「英会話教室に通っているんだから、勉強はこれで十分」と判断してしまうことです。

週2回90分のレッスンを受けたとしても、1週間の学習時間は3時間くらいにしかなりません。これでは圧倒的に学習量が少なすぎます。

しかも、授業が進むにつれて受講生のレベルに差がついてきますから、あなたの進歩が早ければ、授業が退屈になったりするかも知れません。

落とし穴 その2

英会話教室に入学して「英語がまったく話せません」と自己申告すると、最初は入門コースに入って挨拶などから教わることになるでしょう。

でもこれくらいはCD付の英会話本を買ってくれば、自宅で好きな時に学習することが出来ます。日常会話に特化した『CDで覚えるはじめての日常英会話
』なら、1365円の出費で幅広い表現を学習することができます。英会話教室に通う交通費にもならないでしょう。

英会話教室に通うのは、自分の考えを簡単な単語で話せるようになってからでも遅くありません。

時制など日本人とは違う発想や、英語らしい話し方を学ぶのは、やっぱりネイティブに相談するのが一番です。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法