英語が早く読めるメリット

英語学習というと、初心者のうちは話すことばかり一生懸命になってしまいますが、英語を読むことも大切です。

英文が早く読めるようになるということは、英語を英語のまま理解できるということですから、リスニングの力もつきます。

洋画やドラマで、重要な手がかりが書かれた英文のメモがあったのに、半分読んだところで次の場面に・・・なんて経験があるかもしれません。

英語を読むのが大切なのは分かったけど、何から始めたらいいんだろうか。あるいはインターネットで紹介されていたペーパーバックを買ってはみたけど、最後まで読まずに本棚の飾りになっている人も多いことでしょう。

私自身の経験を振り返ってみても、あまり語彙レベルが低いペーパーバックは、ページ数が少ない割に値段が高い(笑)、レベルが高すぎると読むのが遅くなってストーリーが楽しめない。といったジレンマがありました。

いろいろ試してみて落ち着いたのが、The Japan Times社から発行されている英字新聞・週刊STです。

国内外の事件や出来事が英文の記事で紹介されていますが、その出来事の背景や読むポイント・難しい英単語には日本語の解説があります。

スポンサーリンク

一般の新聞と同じように小説や四コマ漫画もありますから、ちょっと一息入れたいときには重宝しますし、映画紹介コーナーでは映画で使われているスクリプトの解説もあるので、映画を原語で聞き取る楽しみもあるかもしれません。

あるテーマを取り上げた特集では、綺麗なカラー写真が豊富で英語を読む手助けをしてくれますから、英文を読むスピードも自然と早くなります。

このように、いろんなジャンルの記事があるので、飽きずに読むことができ知識も増やすことができます。

「辞書なしで読める英字新聞」がウリの週刊STですが、個人によって単語力が違うので、もちろん知らない単語も出てきます。

ですが、知らない英単語の意味を推測することも大切な英語学習です。重要な単語であれば記事中に何回も出てくることもありますし、1回しか出てこないのならあまりこだわらなくてもいい単語なのかも知れません。

ただ、あまりレベルが高すぎると感じた記事では、先に日本語の解説に目を通しておいたほうがいいかもしれません。

「英語の勉強!!」と肩に力を入れるのではなく、楽しみながら英語を読み進められる週刊STはオススメできます。

スポンサーリンク


allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法