英語を聞き流すだけでいいの?

英語を聞き流していただけなのに、いつの間にか英語が話せるようになった。

よく見かける英会話教材のフレーズですが、本当にそのようなことがあるのでしょうか。

英語の音に慣れるという意味では効果があると思いますが、これでは「何を話しているのかは分からないが、英語を話しているのは分かる」というレベルで止まってしまいます。

英語が話せるのは、話す練習を繰り返した結果です。小さい子どもは正しい発音で話せませんが、生活の中で何回も声に出すことで、正しく話せるようになりますよね。

英語を学ぶのもこれと同じで、英語を口に出す練習をしつこいくらいに繰り返す必要があります。

ただ、日本語とは全く異なる英語独特の、正しい発音やイントネーションは耳からのインプットによって脳に記憶されますから、リスニングを軽視してもいいということではありません。

リスニングによって発音やイントネーションが頭にインプットされたら今度はアウトプット、つまり話す練習を繰り返すわけです。それも、あれこれ手を出さずに、一つの教材を徹底的に繰り返したほうが効果的です。

スポンサーリンク

また子どもの例に戻りますが、小さい子どもはほとんどの時間を家庭で過ごすので、最初は家庭内で必要な言葉を覚えます。年齢が上がるにつれて行動範囲が広がり、様々な単語や文法を学んでいきます。

まったく理解できないCNNのニュースをいくら聞き流していても、絶対に理解できるようにはなりません。洋画や海外ドラマでも同じで、まずは自分のレベルに合ったものを選ぶ必要があります。

このようにバランスの取れた英語の学習方法をしない限り、英語を話せるようにはなりません。


このページを読んだ人は次のページも読んでいます。

allow短期間で英語が話せる方法
多くの企業や団体が採用している、短期間で英語を話せるようになる方法です。
体験記や効果について紹介しています。


スポンサーリンク