英英辞書を使うのはいつから?

英英辞書と聞くと、「自分にはまだ早い」と思う人が多いことでしょうが、早くから用意しておくほうが英語学習には役立ちます。

英英辞書には、英単語の解説が英語で書かれているのですから、ある程度の単語を知っていなければ全く読めません。

でも、個人的には、中学卒業程度の単語力があれば、英英辞書を買っても損はないと思います。

その理由は、単語を別の言葉で説明する力がつくからです。英語に限らず日本語でも、この言葉を何て伝えたらいいんだろうって考えることがあると思います。英英辞書は、いってみれば国語辞典のようなものです。

ですから、英英辞書を使うといっても、知らない英単語を調べるためだけに使うのではなく、すでに知っている英単語を調べてみるのも英語学習の手段として効果があります。

スポンサーリンク

英英辞典は英語だけで書かれていますから、リーディングにも役立ちます。日本語を使わずに英語だけで考えるクセがつくので、リーディンやライティングだけでなく、リスニングやスピーキングの力もついてきます。

私自身も英英辞書で調べるようになってからは、日本語が入らず英語で考えるようになったのが実感できました。

英英辞典はまだ早いかなと感じるのであれば、古本屋さんで探す方法もあります。いずれ使うことになるので一冊持っておいて損は無いものですから、定価の半額程度で買えるのならお買い得です(笑)。

英語の学習を始めたのなら、なるべく早く英英辞書を購入することをオススメします。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

スポンサーリンク


allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法