表現が広がる書き方

英語日記はアウトプットの英語学習方法なので、少し工夫するだけで、英語の表現力を広げることができます。 Read the rest of this entry »

覚えた英語を記録する

英語日記はアウトプットの練習なので、どうしても自分の知っている英語ばかり書くようになってしまいますよね。 Read the rest of this entry »

自分の日記を読み返す

英語で書いた日記を読み返してみることは非常に重要なことなので、一ヶ月に一回でもいいので実行してください。 Read the rest of this entry »

英語日記を音読する

英語日記を書けるようなったとしても、頭の中で考えながら書いている段階では実践的な英語が身に付いたとはいえません。 Read the rest of this entry »

英語日記は過去形だけではない

英語日記を続けても日常で使う英会話が上達するとは思えないと考えている人が多いようですが、幸いなことにその考え方は間違っています。 Read the rest of this entry »

英語日記を書きながら英語学習~英単語編

英語の音に慣れ英文法もマスターしたら、次は英単語の量を増やしていきましょう。 Read the rest of this entry »

英語日記を書きながら英語学習~英文法編

英語日記を書くにも、英文法が分かっているとスラスラと書けるのはいうまでもありません。多くの人が英文法を苦手としているのは、中学や高校での英語の時間が短すぎるのも、原因の一つだと思います。

もう一つ、英文法を苦手に感じる理由としては、理解していない部分を飛ばして次に進んでしまうことです。

学校では、すべての生徒が理解していなくても、授業はドンドンと先に進んでしまいますから、覚えていることを前提に新しいことを教えられても、全く理解できないといった悪循環が起きるわけです。

英文法を勉強する前に覚えてほしいのは、『英文法は暗記ではなく理解すること』だということです。文法を理解していれば、TOEIC のようなテストの四択穴埋め問題で、意味の分からない英単語が出題されたとしても答えることができます。

文法的に、ここには形容詞しか入らないと理解していれば、動詞や副詞は無視してもいいからです。

どのように英文法を勉強したらいいかというと、初心者向けの教材を使って、2ヶ月とか3ヶ月といった期間を区切って集中的に学習するのが早道だと思います。

初心者向けの教材としては、総合英語Forestが最適だと思います。高校までに習う英文法について、ステップ式でオールカラーで解説されています。総合英語 Forest はシリーズとして、ドリルとCDも用意されていますから、より理解を深めるための副読本として利用してみるのもいいでしょう。

本や参考書ではどうしても続かない

本や参考書を何冊か買ってみたが、どうしても理解できない、長続きしないといった人もいるでしょう。本や参考書には1単元のページ数に制限がありますから、初心者向けとはいっても、どうしても説明を省かないといけない部分が出てきます。

そんな人に考えていただきたいのが、通信教育です。費用は書籍やCDよりも高くなりますが、理解できない点をメールなどで質問できるので学習効果は高いといえます。また、受講期間が決まっていますから、絶対に終わらせようとする意欲も自学習よりは高くなります。

通信教育は大手の英会話教室などでも実施していますが、私がオススメしたいのはゼロからの英語やり直し教室です。

英語の通信簿2しか取れなかった鈴木さんが、英語を理解するために考え出したパズルを解くような学習法です。この学習方法に変えてから英語が面白くなり、現在はTOEIC満点、英検1級を達成しています。

私も受講しましたが、「とにかく解りやすい!」のひとことです。基本中の基本から順をおって説明してくれるので、コースが進んで少々長い英文になっても簡単に理解できるようなコース設定です。

まさにパズルを解くような感覚で英文法が理解できるので、先に進むほど英語が面白くなってきます。

英語が苦手だったからこそ分かる悩みに、答えてくれるような内容ですね。

教材は、英文法の解説と問題、問題の答え合わせが一日おきにメールされてきます。一日の学習時間は、30分から1時間弱くらいになると思います。

学習したところを翌日に復習するような形なので、知識が定着されやすいのだと思います。英文法はテキストを読むだけでなく、どれだけ問題を解いたかで、より理解が深まりますから、学習方法としては最適です。

鈴木さんのホームページでは、更に詳しい解説がされていますから参考にしてみてください。

ゼロからの英語やり直し教室New Beginning
のホームページ

英語日記を書きながら英語学習~発音編

英語日記を書きながら英語学習する、具体的な方法について紹介していきます。ここでは英語の長文をスラスラと書けないという方を前提にしていますから、簡単ですぐに取り組める方法です。まずは発音記号からです。

1.発音記号を覚える

前のページで説明したように、英語の発音を覚えることは絶対に欠かせません。そのためには、英和辞書などに書かれている発音記号を覚えてしまいましょう。

発音記号に苦手意識を持っている方は多いでしょうが、全部で約40個しかありません。ひらがな・カタカナ・漢字と、数千個の発音を知っている私たち日本人ですから、それに比べるといかにちっぽけな数かということが分かりますよね。

まずは音を聞き取る

発音を正確に覚えるには「音」を覚えないといけませんから、まずは耳に集中して聞き取る練習をします。

声を録音する

それから実際に発音してみましょう。できるだけ録音したほうが、実際の音と比べられますからオススメです。録音・再生するには、携帯電話や録音機能付きのMPプレーヤーなどで十分です。

Windows パソコンであれば「サウンドレコーダー」というソフトが標準でついていて、60秒間の録音ができますから、これを使います。場所は、「スタート」ー>「すべてのプログラム」->「アクセサリー」->「エンターテイメント」の中にあります。

Macintosh であれば、GarageBand というソフトがあります。

パソコンにマイクが内臓されていなければ買ってこなければいけませんが、数百円で買えますから大きな出費ではないと思います。

発音の教材

発音を覚えるにしても、教材がないと始まりません。発音の教材はいくつもありますが、市販のされている本で十分だと思います。その中でもオススメできるのが、英語の発音がよくなる本です。

解説とCDがついた本はいくつもありますが、この本はDVDで口の動きまで確認することができます。例えば、ear と year の発音は口の動かし方が違いますが、この違いを目で確認できるのは大きいと思います。

2.発音記号を書く

目と口と耳だけを使うよりも「手」を使ったほうが、記憶力は高まりますし早く覚えることができます。ここで英語日記の出番となります。毎日書く日記の文章の下に、発音記号を書いていきましょう。

始めのうちは1行程度の英文で十分なので、それほど時間はかからないでしょう。教材には書かれていない単語であっても、「あっ、この単語と同じ発音なんだ」ということが分かりますし、それだけ知識の幅も広がります。

次は英文法の攻略法です
英文法を覚えておけば、規則にそって英単語を埋めていくだけで英文が完成します。英文法に苦手意識を持っている方に、学習方法を紹介しています。

英語日記で英語学習を進める方法

英語を学習する目的は人によって違うでしょうが、続ける以上は英語を自由に話せないと学習する意味はないと思います。

私自身は「英語の音読」、つまり話す訓練を集中したことで英語を一気に理解できるようになりましたから、話すことを中心に進めるのが一番いい方法だと思っています。そのためにも、英語日記は絶好の教材だと信じています。

※個人差がありますから、ここで紹介していることだけが必ず正しいとは限りません。

英語学習で覚えておきたいこと

1.英語の発音を学習する

英語を話せるようになるのが目標ですから、まずは正しい発音を覚えましょう。私は間違った発音を覚えてしまって、海外旅行で恥ずかしい思いを何度か経験したことがありますから、これは一番に取り組んで間違いありません。

she とsee を正しく発音できますか。loan と lawn はどうでしょう。

私たちはローマ字を覚えていますから、英語を読むときにどうしてもカタカナ英語の発音で覚えてしまいます。英語が聞き取れない理由のひとつでもありますね。正しい発音を身につければ、聞き取ることもできますし、話しても相手に正しく通じます。

英語と日本語の発音は全く違いますから、そっくりに真似ることは難しいと思いますし、完璧に発音できる必要もないと思いますが、できるだけ近づけるように練習してみてください。

2.英文法を学習する

英語の1文字目から手(口)が止まってしまう理由は、英文法を知らないのが原因です。単語だけを覚えていても、文法が間違っていれば全く違う意味になってしまうこともありますから注意が必要です。

私は音読を続けたことによって、文法の知識がないままで、形容詞や副詞の順序、前置詞の種類などを感覚として理解している状態が続いていましたが、ちゃんとした手順で英文法を学習したほうが効率的です。

取りあえず日常会話ができる程度でいいので、英文法を勉強しましょう。

次は英語日記を書きながらの学習手順です
具体的に英語学習を進める方法を紹介します。