英語日記を書きながら英語学習~英文法編

英語日記を書くにも、英文法が分かっているとスラスラと書けるのはいうまでもありません。多くの人が英文法を苦手としているのは、中学や高校での英語の時間が短すぎるのも、原因の一つだと思います。

もう一つ、英文法を苦手に感じる理由としては、理解していない部分を飛ばして次に進んでしまうことです。

学校では、すべての生徒が理解していなくても、授業はドンドンと先に進んでしまいますから、覚えていることを前提に新しいことを教えられても、全く理解できないといった悪循環が起きるわけです。

英文法を勉強する前に覚えてほしいのは、『英文法は暗記ではなく理解すること』だということです。文法を理解していれば、TOEIC のようなテストの四択穴埋め問題で、意味の分からない英単語が出題されたとしても答えることができます。

文法的に、ここには形容詞しか入らないと理解していれば、動詞や副詞は無視してもいいからです。

どのように英文法を勉強したらいいかというと、初心者向けの教材を使って、2ヶ月とか3ヶ月といった期間を区切って集中的に学習するのが早道だと思います。

初心者向けの教材としては、総合英語Forestが最適だと思います。高校までに習う英文法について、ステップ式でオールカラーで解説されています。総合英語 Forest はシリーズとして、ドリルとCDも用意されていますから、より理解を深めるための副読本として利用してみるのもいいでしょう。

本や参考書ではどうしても続かない

本や参考書を何冊か買ってみたが、どうしても理解できない、長続きしないといった人もいるでしょう。本や参考書には1単元のページ数に制限がありますから、初心者向けとはいっても、どうしても説明を省かないといけない部分が出てきます。

そんな人に考えていただきたいのが、通信教育です。費用は書籍やCDよりも高くなりますが、理解できない点をメールなどで質問できるので学習効果は高いといえます。また、受講期間が決まっていますから、絶対に終わらせようとする意欲も自学習よりは高くなります。

通信教育は大手の英会話教室などでも実施していますが、私がオススメしたいのはゼロからの英語やり直し教室です。

英語の通信簿2しか取れなかった鈴木さんが、英語を理解するために考え出したパズルを解くような学習法です。この学習方法に変えてから英語が面白くなり、現在はTOEIC満点、英検1級を達成しています。

私も受講しましたが、「とにかく解りやすい!」のひとことです。基本中の基本から順をおって説明してくれるので、コースが進んで少々長い英文になっても簡単に理解できるようなコース設定です。

まさにパズルを解くような感覚で英文法が理解できるので、先に進むほど英語が面白くなってきます。

英語が苦手だったからこそ分かる悩みに、答えてくれるような内容ですね。

教材は、英文法の解説と問題、問題の答え合わせが一日おきにメールされてきます。一日の学習時間は、30分から1時間弱くらいになると思います。

学習したところを翌日に復習するような形なので、知識が定着されやすいのだと思います。英文法はテキストを読むだけでなく、どれだけ問題を解いたかで、より理解が深まりますから、学習方法としては最適です。

鈴木さんのホームページでは、更に詳しい解説がされていますから参考にしてみてください。

ゼロからの英語やり直し教室New Beginning
のホームページ