能動態と受動態

能動態は「誰が」「何を」「した」と、何かをする側からの表現ですが、受動態は「誰が」「誰から」「何を」「された」の表現です。前置詞によって全く意味が違う表現になることもありますから、合わせて覚えておきましょう。

■ 受動態の基本形
能動態と受動態では主語が入れ替わります。そして、主語+be 動詞+動詞の過去分詞+(前置詞)+(名詞など)と続きます。

◆能動態
・Kyoko wrote this letter.
(京子がこの手紙を書いた)
◆受動態
・This letter was written by Kyoko.
(この手紙は京子によって書かれた)

■ 現在・過去・未来は、be 動詞で決まる

・This diary is published by “ABC Shuppan”.
(この日記はABC出版から出版される)

・This diary was published by “ABC Shuppan”.
(この日記はABC出版から出版された)

・This diary will be published by “ABC Shuppan”.
(この日記はABC出版から出版されるだろう)

■間違いやすい前置詞
by を使った例文を紹介してきましたが、実は by は結構、間違いやすい前置詞でもあります。受動態で使われることが多いので、ここで紹介しておきます。

次の3つの文で、正しい英文はいくつあるでしょうか?
1. This diary was writen by Taro.
2. This diary was written by pencil.
3. This diary was writen by PC.

さて、この3つの文のうちで、正しい英文はいくつあるでしょうか?

答えは、1. This diary was writen by Taro. だけです。日本語訳をつけると、

1. This diary was writen by Taro.
(この日記は、太郎によって書かれた)
2. This diary was written by pencil.
(この日記は、(意思を持った)鉛筆によって書かれた)
3. This diary was writen by PC.
(この日記は、(意思を持った)パソコンによって書かれた)

日本人なら何となく意味が分かるので、どれでもいいように感じますが、英語には「あいまい」は存在しないので、論理的に書かないと、とんでもない勘違いをされます、というか失笑されます(苦笑)。

では、2.3.の英文を正しい前置詞に直してみましょう。分かりやすいように、太郎君が書いた日記として説明します。

2. This diary was written with pancil.
太郎君が鉛筆を持って書いたので、太郎君と鉛筆がくっついて日記に直接書き込んでいるようなイメージですから “with” が使われます。

3. This diary was written on PC.
鉛筆と違って、太郎君とパソコンの距離が離れますね。太郎くんがパソコンを持ち上げて日記帳に書き込んだのではなく、パソコンを使って日記を書いたので “on” が使われます。

■その他の受動態

“by” 以外の前置詞も使えます。すべては書ききれないので、一部だけですけど例文を紹介します。

・I am intersted in ~
私は~に興味がある。ご存知の英文ですよね、マル暗記してしまっていい英文です。

・I was born in 1970.
私は1970年に生まれた。

・I was born in the U.S.A.
私はアメリカで生まれた。地名には “the” がつきます。

・I am satisfied this website.
私はこのサイトに満足している。えへっ(笑)。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法