DUO3.0の効果と正しい使い方

音読用の教材としても優れているDUO3.0。正しい使い方で効果的に学習をすすめましょう。

DUO3.0を使う目的


DUO3.0には560の英文があり、これを暗記することで英単語1600+熟語1000を覚えることができます。最終的な目的は、和文を見たら瞬時に英文が口から出てくることです。

英文は日常会話からニュース・政治経済などで構成されていて、英語圏でよく使われる表現が厳選されているので実践的な効果があります。

DUO3.0を暗記すれば、TOEIC600〜780点、TOEFL60〜90点、英検順一級、相当の実力がついたことになります。

復習用CDを用意する

DUO3.0本体だけでも学習をすすめることはできますが、効率的に学習するためには「復習用CD」が必要です。

その理由は、
1.知らない英単語の発音を耳で確認できる
2.英文のリエゾンが確認できる
2.移動時間に聞き流すだけでも耳に残ってしまう

1.については、発音記号を見ながら発音するより耳で聞いたほうが、正確で早く覚えられるのは言うまでもないことです。

2.については、2〜3個の英単語なのに一つの英単語のように発音されていて聞き取れなかった、という経験は誰にでもあることでしょう。ネイティブの発音を聞くことで、より実践的な英語力を身につけることができます。

3.については、著者の方も推奨されているように、意味がわからなくても聞き流すことで英語独特のセンスを身に付けることができます。すでに学習した英文であれば、英語ニュースや海外ドラマで理解できる部分が増えているのを実感できるでしょう。

学習スケジュールをたてる

何をするにもスケジュールを立てたほうが、自分の位置が把握できるのでペースをキープすることができます。

DUO3.0は45のセクションから構成されていて、各セクションにはおよそ10個の英文があります。1日1セクションを暗記すれば、最短45日で終了することになります。

しかし、英語学習経験の少ない人にとっては始めて目にする英単語が多すぎるので、2日で1セクションを暗記する方法でも大丈夫です。これでも最短90日、約3ヶ月でかなりの実力を手に入れることができます。

学習する時間を決める

45日から90日で560本の英文を丸暗記することになるので、そこそこ長期的な取り組みになりますよね。DUO3.0を使う時間を決めたほうが習慣化しやすく、うっかり忘れることもありません。

ライフスタイルは人によって違うので、早起きな人なら起きたらすぐ、夜型の人なら寝る前など、学習する時間を決めてしまいましょう。

1日忘れると、もう1日くらいいいか・・・とダラダラと時間が過ぎてしまって気がついたら1年たってた。なんてことにもなりかねません。何かを始めるなら時間を決めて習慣化したほうがいいですよ。

復習は最大の効果

1度覚えたと思っていても、時間がたつと忘れてしまうものです。新しいセクションを始める前に、今までに暗記した英文をすべて復習しましょう。

とは言ってもセクション20まで進むと250本以上の英文を覚えたことになるので、全部を復習するのは時間的に不可能になってくるでしょう。なので偶数日は偶数のセクションといった具合に1日あたりに復習する本数を減らします。

復讐する回数が多いほど英文がスラスラと口から出てきます。

復習用CDの使い方


復習用CDの使い方は2つあります。

1つ目は、新しいセクションの英文を覚える前に復習用CDを聞いて、CDと同じように話せるよう何度も繰り返します。自己流で発音するよりCDと一緒に学習したほうが効果的に暗記できます。

2つ目は、通勤・通学、あるいはウォーキングやジョギングの時間を利用して聞き流すことです。すでに学習した英文であれば、CDに続いて英文を口にするディクテーションも効果的ですよ。

まとめ

頻繁に海外旅行をする人からもDUO3.0をやってて良かったという声をよく聞きます。海外旅行をしない人でも、海外ドラマの聞き取りがスムーズになったり、インターネットの英文を読むのに抵抗がなくなったという人もいます。

ぜひスケージュールに沿った学習を始めてDUO3.0を攻略してください。DUO3.0だけを何十回も繰り返し使っている英語上級者の人もたくさんいますから、完全に暗記したときの効果は絶大です。