携帯電話で英語の発音チェック

携帯電話には、自分の声を録音できる機能がついています。メーカーや機種によって違うかもしれませんが、『ボイスメモ』というのが一般的ではないでしょうか。

この機能を利用して、ちょっとした時間に英語の発音チェックをしてみませんか?

用意するもの

  • 携帯電話
  • 携帯オーディオプレーヤー
  • 教材

教材は何でもいいです。NHKの英語番組でもいいですし、音読用のテキストでも構いません。最近ではポッドキャストでも無料で音声がダウンロードできるので、これもいい教材になることでしょう。

それでは、練習の手順を説明しましょう。

1.iPodなど携帯オーディオプレーヤーで教材を聞いて、区切りのいいところで一旦ポーズします。

2.聞いた音声をマネして、携帯電話に録音します。

簡単です。これで、教材と同じ英語が自分の声で録音されましたので、早速自分の声をチェックしてみましょう。

いかがでしたか?教材と同じように自分の英語が発音されていたでしょうか。あまりの違いにビックリされた方もいるかも知れませんね。

イントネーションが同じか

この練習で一番気をつけたいのは、全体のイントネーションが教材と同じかどうかです。もちろん単語の発音も重要なのですが、こだわりすぎると文章として成り立たなくなってしまうことがあります。

単語は分かるんだけど、何を話してるんだろう」、外人さんが話す日本語を聞いてこんなことを感じたことがあるはずです。

ですから、おおまかにイントネーションが教材と同じかどうかを重要視してください。

話す時間が遅れていないか

これもイントネーションを同じくらい重要なことです。たどたどしい英語では聞いているほうも疲れますし、結局自分の言いたいことが理解してもらえない原因になります。

単語の発音が同じか

やっと発音の出番がやってきました(笑)。ここまで練習すれば、口の筋肉が滑らかな英語口になっているはずです。さらに一押し、発音に注意して練習しましょう。携帯電話には英和辞書がついているものが多いはずですから、発音に自信がない英単語は発音記号もチェックしておけば完璧です。

普段、持ち歩いているもので出来る英語学習方法ですが、いかがでしたでしょうか。「英語を勉強する時間が取れないんだよな~」 と言い訳する時間があれば(笑)、こんな練習方法を試してみませんか?

正しい英語の発音を知っていますか?DVD1枚とCD2枚で、目と耳を使って英語の発音が効果的にマスターできます。英語の発音がよくなる本 [単行本]は、これだけのボリュームなのに1,995円と、考えられない値段です。

洋画やドラマで口の動きをチェックすることはよくありますが、DVDで自分が弱点だと思っている発音だけを繰り返して観られるのは魅力です。


このページを読んだ人は次のページも読んでいます。

allow短期間で英語が話せる方法
多くの企業や団体が採用している、短期間で英語を話せるようになる方法です。
体験記や効果について紹介しています。



allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法