英語初心者が最初に覚えること

英語初心者が最初に覚えるのは、たった3つだけでいいんです。あれもこれもと、あせってしまうと逆に遠回りしてしまいます。

確実に覚えて欲しい3つのことは何かというと・・・

品詞

動詞、名詞、形容詞、副詞といった品詞は必ずマスターしてください。副詞って何?形容詞って何?と思われる方もいらっしゃるでしょうから、簡単に説明すると、

dogは名詞ですね。白いとか面白いといったが語尾に「い」がつくのは形容詞。では、「白い犬」はwhite dogなので「形容詞+名詞」かというと、英語ではwhite dogが名詞なんです。

副詞+形容詞+名詞でも同じく、very white dogを一つの名詞として扱います。

このような品詞の扱いを理解していれば・・・

英文法

●文型
英文法には、最初に覚えたい文型が4つあります。この文型には副詞とか形容詞とかは出て来ません。どうしてかというと、上で説明したように副詞や形容詞ついた名詞は「名詞」として扱われるからです。

動詞なら、自動詞や他動詞の違いもあります。

英文法を勉強するより、私はペラペラ喋りたいんだよ、という気持ちは理解できます。私の経験から言わせてもらえれば、英文法を理解していないのにペラペラ話すことは絶対にできないですし、相手が何を話しているのかさえ理解できないので、そもそも会話が成り立たないのです。

「英文法とは丸暗記するもの」、というのが学校の教え方ですが、「英文法は理解するもの」ということが分かれば、それほど難しいものではありません。

もちろん、覚えないといけない規則はありますが、英文法の基礎は非常に単純なので、基礎を理解できれば中級や上級へもスンナリとステップアップできるはずです。

単語力

品詞の使い方や英文法を理解できたら、単語力(語彙)を増やしましょう。英単語は単語帳のようなもので覚えるより、文章として覚えるほうが覚えやすいですし、応用力もつきます。

英語初心者はペラペラ喋る人を見てあこがれるものですが、実際にはこのように地道な知識の積み重ねがあって英語を話せるようになったんですね。

英語を聞き流していれば、いつかは英会話がペラペラになるだろうとか、英会話のフレーズ集を覚えていけば海外旅行の準備はOK、なんてことは絶対にありません。

そんなに簡単に英語がマスターできるのなら、中学校・高校・大学と、すべて聞き流しで済むので、教室に先生は必要ないと思いませんか?

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法