モデルの声と聞き比べる

英語の音読がスムーズにできるようになったら、モデルの声と自分の声を聞き比べてみましょう。音読では一番重要なポイントですから、飛ばさずに練習してみてください。

ポイントは、各単語の発音が正しいか、全体のイントネーションが正しいかに注意します。英単語が5つくらいの短い文章なら、モデルに近い読み方ができているかもしれませんが、単語の数が増えてくると「何となく違うな」と感じる部分が出てくるかも知れません。

これが、英語独特のリズムです。外人さんが話す日本語を聞いていると、各単語はちゃんと聞き取れるんだけど、イントネーション(抑揚)がおかしいので聞きづらいといった経験があると思います。

これは、母国語のリズムで日本語を話しているので、日本人からすると非常に聞き取りづらく感じるのですね。逆に私たちが正しい発音、正しいアクセントで英語を話すことができれば、外国人にも聞き取りやすい英語を話せるということです。

何度も聴いて、何度も口に出す。これを繰り返していけば、必ず通じる英語を話すことができるようになります。

自分の声を録音するには、Windows パソコンであれば、標準でついてくるサウンドレコーダーを使えますけど、録音できる時間が1分しかないので「ぽけっとれこーだー」を使うほうが、時間を気にせずに音読に集中できます。

ぽけっとれこーだーのダウンロード(Vector)


左端の「preo」を開くとソフトが使えます。


右にあるをクリックすると録音開始です。


録音中です。録音が終わったら■をクリックします。


左の黒三角をクリックすると再生されます。


一時停止は中央のボタンです。

使い方としては、モデルの声を1センテンス聴いたら自分の声を聴いて「一時停止」を繰り返していきます。聞き比べてアクセントが違うなと感じたら、アクセントの強い部分をテキストにチェックしていくのがいいと思います。

自分の話し方のクセは少しの訓練では直らないので、テキストのチェックを参考にしながら音読して修正していきましょう。

録音する準備

自分の声を録音したりモデルとの違いを聴き比べたりと、手元が忙しくなる練習なのでヘッドセットを1台用意しておいたほうが便利です。

ヘッドセットを選ぶポイントは、両耳タイプでUSB接続ができる機種を選ぶことです。私もマイクだけを買ったり、オーディオ端子のものを買ったり、安い片耳タイプを買ったりしましたが、一番シックリくるのがこのタイプです。

両耳タイプの方が頭の上で安定しますし、ステレオ録音された教材なら臨場感があります。USB接続は配線が1本しかないので、オーディオ端子のようにコネクタの種類を確認する手間もいりません。

洋画のDVDを観るのにも使えますし、将来的に Skype で英会話のオンラインレッスンを受けるような場面でも十分に役立つと思います。

大きな声で音読する

英語の音読は、できるだけ大きな声を出したほうが効果があります。

言葉というのは感情ですから、うれしいとき、悲しいとき、楽しいとき、リラックスしているとき、どんなときでもつい大きな声が出るものです。

大きな声を出したほうが自分の声もはっきり聞こえますし、感情が伴います。ニコニコしながら悲しい声を出すことはできないはずですし、逆もそうですね。

それに、英単語の発音やアクセントのつけ方、全体のイントネーションをはっきりと意識することができます。

ちょっと例えは違うかも知れませんが、ペン習字の習い始めは大きな字を書いて練習します。そのほうが、線の長さや間隔、全体のバランスをつかみやすいからです。大きな文字で練習を続けていると、いつの間にか小さな文字も上手に書けるようになっています。

英語でなくてもいいのですが、好きな歌を覚えようとするときも、大きな声で歌ったほうが覚えるのが早かったりします。大きな声を出すほうが、脳の働きが良くなって記憶に残りやすくなるからだそうです。

音読の目的は英語を丸暗記するものではありませんが、感情が伴うことによって記憶に残りやすくなり、自分では忘れたつもりでもちゃんと頭の中に残っているものです。難しい理論などもあるようですが、実践していれば不思議な体験に遭遇することは間違いありません。

でも、環境によっては大きな声を出せない人もいることでしょう。そんな人にも、ちょっとしたアドバイスをお届けします。

それは、感情表現を豊かにすることです。

なるべく大きな口を開けて、表情豊かに音読してみましょう。ただ単にテキストを読むのではなく、誰かに話しかけるようにすることも忘れないでください。

一般的に英語の発音は、口の両側を少し上げると発音しやすいと言われていますから、大きな声小さな声にかかわらず、この点にも注意してみてください。

音読する時間を決めよう

音読に限ったことではありませんが、英語学習する時間を決めたほうが長続きします。

音読は一番効果のある学習方法ですが、長続きしなければ意味がありませんから、音読する時間を決めてしまいましょう。

時間を決める理由

音読する時間を決める理由は、学習を習慣にするためです。時間を決めてしまえば、その時間と英語学習が結びつくので、習慣化しやすくなります。

どうしても英語のための時間が取れない日もあるでしょうから、午前と午後に2回用意しておくほうがいいと思います。

例えば午前6時を音読の時間に当てたとしても、朝寝坊をしたとかでできなければ、午後3時からを音読時間に割り当てるといった具合です。

午後を音読の時間に割り当てたのにできなかったのなら、次の日の午前は必ず音読することにしましょう。もちろん午後の割り当て時間も音読をします。

実際に試してみればわかると思いますが、時間を割り当てることで時間と英語学習が結びつきますから、思い出しやすくなります。

「英語の勉強を始めたのに、いつの間にかやめてしまっていた」という経験は誰にでもあるものです。それはただ単に習慣化されていなかっただけなので、あなたの責任ではありません。

スケジュールを組むだけで、習慣化しやすくなります。スケジュールを守らないと何となく罪悪感みたいなものを感じますから、強制的に学習時間を確保するのには最適な方法です。

音読のステップ

英語の音読を効果的にするには、細かく分けると4つのステップがあります。

ステップ1 聞く

教材を読みながら、音声を最低3回は聞きます。英語の音に慣れるのが練習ですから、アクセントや抑揚がどこにあるのか、鉛筆などでチェックを入れていくのもいいでしょう。

ステップ2 音読する

1センテンスの音声を聞いたら止めて、英文を音読する。これを、1レッスン繰り返します。

できるだけ大きな声で音読するのが、英語らしく話せるようになるための秘訣です。文章全体の抑揚が英語らしくなれば相手に通じやすくなりますし、正しい発音も早く身につきます。

ステップ3 筆写

筆写とはディクテーションとよばれるもので、聞いた英文を守に書きだす作業です。ちゃんと聴いて話しているようでも、紙に書きだそうとすると手が動かないことがあります。

これは、英語を惰性で口に出している段階だからです。ちゃんとした知識として頭に入って身についているかを確認するには、筆写してみるのが一番です。

始めのうちは英単語5つ分の英文しか書き出せないかも知れませんが、段々と7単語m10単語と増えてきます。英語を確実に身につけるには欠かせない作業です。

ステップ4 シャドーイング

シャドーイングとは、英語の音声を聴きながら、少し遅れて音読する練習です。この段階まで来れば、英文を見なくてもスムーズについていくことができるはずです。

教材の選び方

英語を音読する手順について説明していきます。音読というのは、ただ本を読むだけと勘違いしている人が多く、途中でやめてしまう人が多いようです。正しい手順で音速を進めれば、必ず効果があります。

やさしい教材を選ぶ

ほとんど知っている英語で書かれている教材を選ぶのが音読の基本ですから、新しいことを学習しようと無理なレベルの教材を選ぶ必要はありません。

一番やさしい教材は中学英語と考えていいと思いますから、始めて英語の音読をする人のために、このレベルの教材をいくつか選んでみます。

英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】 (CDブック)

この教材は多くの人が選んでいる教材で、この本だけでTOEICの点数が上がったとか、海外ドラマの理解度が上がった人がいるくらいです。
コースを進める目安と音読の記録がつけられるので、上達を実感しながら進められます。

中学校で実際に採用されている教科書から採用されている教材なので、比較的簡単な文章で構成されています。

すべての英文がCDに録音されていますから、それを聞きながら強弱や間を真似て音読するスタイルです。

簡単な文章とはいっても音読に慣れていない人が実際に声を出して読むと、すんなりと読めるところとそうでないところがあることに気づくはずです。

すべての章を通して何周も繰り返し音読することで、読む時間が短くなり英語が英語として理解できるようになっていることが実感できます。

そのレベルにまで達したころには、あなたの英語力は飛躍的にアップしています。

英語の音読を始めよう

英語の音読は、英語を話せる人に共通している学習方法です。

私のプロフィールにも書いていますが、学生時代に音読による学習方法を知ったおかげで英語嫌いを克服することができました。

もちろん英語の音読だけで英語がペラペラになるわけではありませんが、家に例えるなら土台・基礎の部分をしっかりと作れるので、英単語や英文法など他の学習方法と組み合わせることで、理解力・記憶力が格段に向上します。

音読のメリット

まず始めに、音読を続けることのメリットを紹介しておきます。

  • 英語のリズムが身につく
  • 英語の発音が良くなる
  • リスニング力が向上する
  • 英語が自然と口から出てくる

ざっとこれくらいの効果があります。学校のテスト対策としてなら範囲が狭いので、早ければ2週間くらいで効果を確認できるはずです。

洋画、英語ニュースなど、それ以外の分野であれば、今の実力によって期間は変わってきますが、中学レベルの英文法と英単語を理解していれば3ヶ月程度と考えておけば間違いないと思います。

英語のリズムが身につく

いろいろな国の言葉には、独特のリズムがあります。何を話しているか理解できなくても、英語、フランス語、中国語、ハングル語くらいであれば、何語を話しているかは分かるのではないでしょうか。

これがリズムです。

日本語であれば口に食べ物が入ったまま話されたとしても、はっきりとは聞き取れなくても言いたいことは分かるはずです。これは日本語のリズムが身についているからです。

日本語の文法のリズム、単語のリズムがわかっているからこそ、はっきり聞きとれなくても理解できるわけです。

英語の発音が良くなる

音読というのは、本を棒読みする学習方法ではありません。本などの文字に加え、CDやMP3などネイティブの音声を聞き、真似て口に出す練習方法です。

何回も音声を聞きながら口に出すのですから、発音が良くなるのは当たり前です。

リスニング力が向上する

これはある意味、不思議な現象でもあるのですが、音読によって英語のリズムが身につくとリスニング力が向上します。

リスニング力といっても知ってる単語が聞き取れるという意味ではなく、少しくらい知らない単語があっても、話された内容がちゃんと理解できるということです。

食べ物が口に入ったまま〜の説明をしましたが、全部聞きとれなくても言いたいことが分かるようになります。

実際に体験したわけではありませんが、道で外人さんから急に英語で話しかけられても、落ち着いて対応できるはずです。

英語が自然と口から出てくる

体が覚えた英語は、強い力を持っています。十年以上聞いたこともないし話したこともない英単語が、英会話の中で勝手に口から出てきたことがありました。自分でも驚いたのですが、後からよく考えてみたら英語の早口言葉で覚えた英単語でした。

ラジオの番組で先生に合わせて早口言葉を言うコーナーだったのですが、なかなか早口で言えなかったので番組が終わったあとも何日も繰り返していたことを覚えています。

このように、英語を音読することで確実に英語を身に染み込ませることができます。地道な練習なので、やりたがる人は少ないと思います。だからこそ、英語が話せる人が少ないのではないかと考えています。

聞き流すだけの学習は私も試したことがありますが、英語はおろか第二外国語でも効果はありませんでした。

英語の音読にかける時間

英語の音読にはどれくらいの時間をかければ効果的なのか。理想的なのは1日中英語を話していればいいのですが、現実的には困難ですよね。

TOEICのテストが近いとか海外出張があるとかの理由で短期集中決戦にのぞむのなら、1日2時間の音読を続ける必要があります。短期集中決戦といっても、他人から「英語が上手くなったね」と言われるようになるまでに2~3ヶ月はかかるはずです。

しかし最低でも1ヶ月間続けると、楽に英語が話せるようになってきます。

これは口の筋肉が英語用に鍛えられた結果です。英語の音読を実際に始めてみると分かりますが、口が上手く動かないことに気付くはずです。無理をして20分も続けてみると、口の筋肉が引きつってノドも痛くなっているかもしれません。

これは英語と日本語では発音の仕方が全く違うというのが理由です。

切羽詰った理由がないと、1日2時間はちょっときついなという方も多いと思いますが、最低でも1日20分、できれば1時間は英語の音読に時間を割り当ててみれば、1ヶ月後には楽に英語が話せるようになっています。

英語の音読には発音やイントネーションといったお手本が絶対に必要です。英語初心者であれば、ペーペーバックなどを読むのではなくCDなどお手本となる英語が聞ける素材を選んだほうがより効果的です。

音読というと机の前でするイメージが強いと思いますが、散歩をしながら本を片手にといった方法でも大丈夫です。とにかく、英語を聞きながら本を片手に英語を音読する環境さえあればいいのです。

最近はウォーキングが流行っていますから、通勤通学では一駅前で降りて音読の時間を確保するとか、自分の生活に合わせて練習できるのも音読のメリットだと思います。

音読体験談

音読による英語の学習はどれだけ効果があるのか。地味だし本当に声を出して英語を読むだけで英語が上達するのか、不安に思う人もいるでしょうが、私の体験談を少し読んでみてください。

音読による英語の学習方法を知ったのは高校生のときでした。その頃は英語が苦手で、何か効果的な学習方法はないものかと本屋さんで英語に関する本をペラペラと立ち読みしていて、偶然目に付いたのが『音読』に関する本でした。

「中学校で使う3年分の英語の教科書を、とにかく声に出して読む。そうすることで、文法や規則などを超えた英語の心が分かる」そんな内容が書かれていました。

早速、中学校の教科書を扱っている本屋さんに行って、「中学校の教科書ください」と言ったところ、「どの中学校ですか」と聞かれたので、「英語の復習に使うので何でもいいです」と応えて購入しました。

帰りの電車の中で1年生の教科書を開いてみると、”a pen.” から始まっていたので一番最後のページまでペラペラ黙読。音読じゃないし(笑)。

さすがに1年生で習う英語は簡単すぎると思って、家に帰ってからは2年生の教科書で音読の練習を始めました。

先の本には「できるだけ大きな声で英語を読む。向かいに外人さんが立っていると思って感情を込めて読む」とも書かれていたので、その通りに音読の練習を始めました。

1単元を丸暗記するまで繰り返し読んでみると、始めは口が滑らかに動かなかったのが段々とスラスラ読めるようになってきました。

「まあ確かに、英語がスラスラ読めるようにはなったな」くらいの感想しかありませんでしたが、高校の中間テストも近かったので、試験範囲の英語の教科書を同じように音読してみました。

試験範囲は教科書2ページ分でしたが、さすがに中学校の英語とは違って難しい(笑)。それでも、とにかく丸暗記することだけに重点をおいて音読を続けました。

何日間か続けて丸暗記できたところで、今度は覚えた英語をノートに書き出してみると、書けない単語がある(汗)。とりあえず単語の代わりに○を書いておき、あとから覚えていない単語だけを集中的に丸暗記。

こんな英語の学習方法をしていました。

さて、英語の試験当日。「今回のテスト、簡単すぎるんじゃないの?」ってくらい答えがスラスラ出てくるんです。苦手だった前置詞の穴埋めも、何も考えずに書ける。

「そうか、英語の心がわかるってこういうことだったのか」って、そのとき初めて本に書かれていたことが理解できました。繰り返し英語を声に出して読んでいたので、頭で考える英語ではなく、頭が英語そのものになってたんだと思います。

そのテストでは確か80点くらいの点数だったと思いますが、それ以降も音読による英語の学習方法を取り入れて高得点をキープしたのはいうまでもありません。

音読による英語の学習方法は、ただ単に英語を読むのとは違い、感情を込めて英語を声に出すことで、ネイティブの人が日常的に行っている英会話と同じ効果があるのではないかと思います。


allow英語の音読にかける時間
音読には1日にどれくらい時間をかけたほうがいいのでしょうか。目的に応じた学習時間の目安を紹介しています。