リスニングに適した教材

リスニングが苦手な人に話を聞いてみると、かなりレベルの高い教材を使っていることがあります。 Read the rest of this entry »

同じ英語教材を使い続ける理由

英語を学習するのに大切なことは、これと決めた教材を徹底的に丸暗記する覚悟で使い続けることです。

英語学習法でよく目にするのが多読多聴ですが、これは英語中級者以上の勉強方法であって、英語初心者に向いた学習方法とはいえません。

その理由をお話したいと思います。

私が考えている持論に、『英語と音楽は似ている』というのがあります。

20代のころにロックバンドを組んでいたので、音楽を聴くときには聞き流すのではなく、それぞれの楽器の音を注意して聴くクセがついてしまいました。そのため、エア・ギターだけでなくエア・キーボードやエア・ドラムもできます(笑)。

同じ曲を何十回どころか100回以上も続けて聴いていると、今まで聞こえなかった音が急に聞こえてくることがあります。ギターのストロークであったり、タンバリンの音などです。そうするとその後は、聞こうとしなくても自然にその音が聞こえてくるようになります。

不思議です。

音楽だけでなく、英語でも同じような経験をしたことがあります。

ある英語教材を通勤途中に聴き続けていましたが、その教材はレッスンの頭に短いテーマソングが流れる構成になっていました。歌らしいコーラスが入っていたのですが、英語には聞こえなかったので、ただのラララ~みたいなものだと思っていました。

1ヶ月以上も経ったころに、そのラララ~が英語であることに気付きました。本当に突然、ただの雑音が英語として聞こえたのです。

しかも、その英語とは、教材の名前でした(笑)。

教材をカタカナ英語で読んでいたので、正確な発音を知らなかったんですね。その経験があってからは一つの教材を徹底的に使い込むようにしました。少し学習した程度なのに、分かったつもりで次の教材に手をつけていたとしたら、このような経験はずっと後のことになっていたと思います。

このような経験があったからこそ、英語初心者の方にオススメしたいのは、一つの教材を徹底的に使い込むということです。


このページを読んだ人は次のページも読んでいます。

allow短期間で英語が話せる方法
多くの企業や団体が採用している、短期間で英語を話せるようになる方法です。
体験記や効果について紹介しています。


英語を聞き流すだけでいいの?

英語を聞き流していただけなのに、いつの間にか英語が話せるようになった。

よく見かける英会話教材のフレーズですが、本当にそのようなことがあるのでしょうか。

英語の音に慣れるという意味では効果があると思いますが、これでは「何を話しているのかは分からないが、英語を話しているのは分かる」というレベルで止まってしまいます。

英語が話せるのは、話す練習を繰り返した結果です。小さい子どもは正しい発音で話せませんが、生活の中で何回も声に出すことで、正しく話せるようになりますよね。

英語を学ぶのもこれと同じで、英語を口に出す練習をしつこいくらいに繰り返す必要があります。

ただ、日本語とは全く異なる英語独特の、正しい発音やイントネーションは耳からのインプットによって脳に記憶されますから、リスニングを軽視してもいいということではありません。

リスニングによって発音やイントネーションが頭にインプットされたら今度はアウトプット、つまり話す練習を繰り返すわけです。それも、あれこれ手を出さずに、一つの教材を徹底的に繰り返したほうが効果的です。

また子どもの例に戻りますが、小さい子どもはほとんどの時間を家庭で過ごすので、最初は家庭内で必要な言葉を覚えます。年齢が上がるにつれて行動範囲が広がり、様々な単語や文法を学んでいきます。

まったく理解できないCNNのニュースをいくら聞き流していても、絶対に理解できるようにはなりません。洋画や海外ドラマでも同じで、まずは自分のレベルに合ったものを選ぶ必要があります。

このようにバランスの取れた英語の学習方法をしない限り、英語を話せるようにはなりません。


このページを読んだ人は次のページも読んでいます。

allow短期間で英語が話せる方法
多くの企業や団体が採用している、短期間で英語を話せるようになる方法です。
体験記や効果について紹介しています。


洋楽で英語学習

子どもが歌から単語や表現を覚えるように、洋楽で英語を学習することもできます。

ジャンルは英語の発音がハッキリと聞き取れる、ゆっくりしたリズムのポップス系がいいでしょう。ロック系は言葉が聞き取れないほどニゴっていたりすることもあるので、あまりオススメできません。

私のお気に入りは「サイモンとガーファンクル」です。

「何回聴いても飽きない」、 そんなお気に入りの一曲が見つかったら、最初は歌詞を見ないで、一緒に歌えるようになるまで繰り返し聞きます。

長い曲であれば、とりあえず1番だけをMP3プレーヤなどに録音しておいて、とにかく繰り返し聞きます。カセットテープ全盛のころは 「テープが擦り切れるまで聞け」 と言われたものですが、そのくらい聞き込む必要があります。

聞いているうちに、初めは聞き取れなかった単語が聞き取れるようになってくるかも知れません。聞き取れる英単語であっても、発音を注意深く聞いてください。

完全に一緒に歌えるようになったら、歌詞カードを開いてみましょう。電車などの移動時間や、ちょっとした空き時間にも見れるように、パソコンのワープロソフトで歌詞を打ち込んで印刷しておきましょう。

知らない単語や発音に自信のない単語には発音記号を書き込むので、行間は少し広めにします。

さて、歌詞を印刷したら、曲を聞きながら一緒に歌いましょう。

どうでしたか?スペルは知ってるのに聞き取れなかった単語がでてこなかったですか?

では、英和辞書を開いて、その単語の発音記号を自作の歌詞カードに書き込みましょう。

知らない単語も同じく発音記号を書き込んで、和訳も書いておきましょう。

もしやる気があるのなら、すべての英単語について発音記号を書き込むことをオススメします。知っているようでも、間違えて覚えている発音があるはずです。

正しく発音できているかどうか、時々自分の歌を録音して確認するのも忘れないでください。


このページを読んだ人は次のページも読んでいます。

allow短期間で英語が話せる方法
多くの企業や団体が採用している、短期間で英語を話せるようになる方法です。
体験記や効果について紹介しています。

洋画を字幕なしで楽しみたい

洋画が好きな人なら、字幕に頼らずストーリーを楽しみたいものですよね。

字幕ばかり見ていると、好きな俳優さんの表情や演技を十分に楽しめないですし、字幕は文字数の制限があるのでセリフも要約されたものになってしまいます。

映画館で同じ映画を観ているのに、日本人と外人では笑うシーンが違ってるような経験をしたことはないでしょうか。

これも字幕の影響が大きいのが一つの原因ですね。韻(いん)を踏んだダジャレなどは、日本語に直訳しても全然おもしろくありません(笑)。

英語初心者でも理解しやすい洋画としては、ラブストーリーものがいいのではないかと思います。セリフが多すぎることもなく話すスピードも比較的ユックリですし、舞台が日常生活なので難しい英語表現も少ないからです。

子供向けの「ハリーポッター」などファンタジーものは、専門用語などが多く意外に難しいものです。

この分野で英語初心者向けとしてオススメできるのは、レオナルド・ディカプリオ主演の「タイタニック」です。

舞台は日常生活ではないですが、旅行客の会話が多く、ラブストーリーもあればハラハラさせられるアクション的な要素も楽しめます。

ただ洋画DVDは英語字幕は表示されても、正確な日本語訳や解説がないので、英会話初心者が取り組むには時間がかかりすぎてあきらめてしまうこともあります。

そのような不満を解決してくれるのが、ソースネクストの超字幕シリーズです。映画のジャンルが幅広く、いわゆる名作が多いのも特徴です。

実際に購入したのは、「ターミナル」「一期一会」「マトリックス」の3作品です。今まで速すぎて聞き取れなかった部分も、1センテンスずつ繰り返し聴くことができるので、音読しながら何回も観ていると自然と聞き取れるようになりました。

DVDの洋画では不可能な操作なので、これは便利な機能です。このソフトで洋画1本をマスターできないのなら、洋画で英会話をマスターするのはあきらめてください。

自然な英会話のフレーズと正しい日本語訳、これを繰り返し聞き取り練習すれば、英語を聞き取る能力は確実にアップします。


このページを読んだ人は次のページも読んでいます。

allow短期間で英語が話せる方法
多くの企業や団体が採用している、短期間で英語を話せるようになる方法です。
体験記や効果について紹介しています。


 


英語が聞き取れない3つの理由

洋画やドラマを観ていても、何を話しているのかよく分からない。英語学習を始めたばかりの人にとっては、切実な悩みですね。

「話すスピードが早すぎるんだよ」・・・違います。
「音が小さいから、もっと大きくして」・・・違います。

英語が聞き取れない理由」というのは、たった3つしかないんです。

1、知っている英単語の量が少なすぎる

単純なことですが、知らない英単語は、何回聞いても雑音に過ぎません。

洋画であれば、ジャンルによって頻繁に出てくる英単語というものがありますから、同じジャンルの洋画を観るようにすれば、手当たり次第に手を出すよりは、聞き取れるスピードがアップするかもしれません。

2、正確な発音を知らない

洋楽のCDを聞いていて、歌っている意味が分からないので歌詞カードを見たら、知ってる単語ばかり並んでた・・・

このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

「profile」は、日本では「プロフィール」という発音のほうが馴染みがありますよね。タレントや歌手の写真集なんかにも、「プロフィール」として紹介されています。

この様に間違って覚えてしまった英単語が、結構あるかも知れません。英単語を覚えるならスペルだけでなく、発音記号で正しい発音も一緒に覚えたほうが、英語を聞き取る能力がアップします。

余談ですけど私の苦手な単語に「World」があります。正しい発音を覚えても、ジョン・レノンとKISSのジーン・シモンズの「World」は違って聞こえます。

さらに、日本語は基本的に一語一語をハッキリと発音しますが、英語では単語が続くと発音が違うこともあります。

「want to」=「ワナ」、「got you」=「ガッチャ」、みたいな感じです。

英語は日本語と違って同じ単語でも違う発音をすることがあります。

例えば、短いセンテンスでも「to」が2つ出てくる場合に、最初の「to」は「トゥー」と発音するのに、2つ目は「ッタァ」と発音することもあります。

このようなケースではいろんな会話を聞いて場慣れするしかないようですね。

3.聞いた言葉を話せない

今までに書いた二つの理由のまとめとでもいえますが、話せない言葉や単語は聞き取れないことが多いです。

サンキューやグッモーニンなどは日本人でも話すことができますし、外人が話しているのも聞き取ることもできるはずです。

英語と日本語では、使われている周波数帯が違うということを耳にしたことがあると思います。英語は「d,g,K,R,T,V」など24個の子音を中心に話すので、母音が主に使われる日本語とは全く違う発音です。

そのため、子音を聞き取れるかどうかが、リスニングに大きく影響するわけです。単に英語を聞き流すだけではダメです。体系化された訓練方法についてはコチラで詳しく紹介されています。


このページを読んだ人は次のページも読んでいます。

allow短期間で英語が話せる方法
多くの企業や団体が採用している、短期間で英語を話せるようになる方法です。
体験記や効果について紹介しています。