英語が公用語の国

英語の学習を進めていくと、いつか行ってみたい国のことを考えたりしませんか。

アメリカとかオーストラリアとか行ってみたい国は人によって違うでしょうが、その国で英語が通じるかを知っておかないと、旅行中に「あれっ?」てことになるかもしれませんよ。

Wikipediaによると、58の国と21の地域が英語を公用語としているそうです。(2014年)

意外なことにアメリカとイギリス、オーストラリアは、英語が公用語ではないんですね。ただ広く国民の間で使われているので、事実上の公用語となっているだけなんです。

英語を公用語としている国は、アフリカやオセアニアに多くあります。これは歴史的な背景が大きく関係しているんでしょう。

英語が公用語でない国であっても、英語がまったく通じないわけではありません。日本でも観光地のスタッフが英語で外国人の対応をしているのを、テレビのニュースなどで観たことがあるのではないでしょうか。

行きたい国で英語が通じるかどうかは、その国の大使館や観光局のホームページを見ればわかります。

ホテルや観光地にある商店、アクティビティーなどのサービスを提供している場所では、英語が通じることが多いようです。

一点だけ気をつけたいのは、アメリカ英語とイギリス英語の違いです。有名なところでは、can を「キャン」と発音するか「カン」と発音するかの違いですね。

それ以外にも、day を「ダイ」と発音するなど地域によって個性があるので、他の旅行者の会話を聴いていると面白い発見があります。英文法を理解していれば多少発音が違っていても相手の言いたいことは分かりますから、やっぱり文法は大切だなと旅行中も感じました。

いろんな国の人が集まるリゾート地では、旅行者が好き勝手な英語を話していても現地のスタッフの人たちはちゃんと理解していますから、慣れもあるのかもしれませんが。

日常英会話は難しい

英語を学習する人の多くは、日常英会話レベルをペラペラ話せるようになりたいと思っているはずです。

洋画や海外ドラマに登場する人物のように自由に英語を話せるようになれれば、活躍する世界は確実に広がります。

しかし、日常英会話というのは、以外に難しいものです。何が難しいかというと、学習する分野や範囲が広いからです。

日本語での会話を思い出してみればわかると思いますが、お天気など気候の話やファッションや車など趣味の話、食事や体調、人によっては政治や経済の話も会話にでてくるでしょう。

このように、日常会話がペラペラ話せるようになるためには相当な知識が必要になります。

英会話初心者の人が最初に取り組むのは、自分の身の回りのことや自分の考えを英語で話せるようになることです。そのために最適なツールが英語日記ではないかと考えています。

簡単な言葉でも、日本語にはない、英語らしい表現というものがあります。

例えば、「今朝はこんなに寒くなるとは思わなかった。」を英語にしようとすると、「思わなかった」だから、I did not think that 〜と書き出したいところですが、英語では I did not expect that 〜となります。

英語らしい表現というのは、数多くの英文に触れることで自然と身についてくるものなので、時間がかかります。

まずは、簡単な英語でいいから書いてみる。学習して覚えたことは、その日の日記に書いてみる。

人間は覚えたことをすぐに忘れてしまいますから、紙に書き出して復習する必要があります。

覚えたことを日記に書いておけば、自分だけの英語学習帳になりますから、進歩もわかります。

ニュース英語はまだ早い

英語学習初心者に時々見られるのが、ニュース英語を教材として使うことです。

ニュースで使われている英語と日常会話で使われている英語は明らかに違うのに、幅広い知識も得られるからという思いで取り組まれるようです。

テレビを観ていても分かりますが、アニメやドラマで使われている日本語とニュースで使われている単語や言い回しは明らかに違います。

特に見出しは短い言葉で全体を伝えようとしますから、ある意味不自然になりがちなのは日本語も英語も同じことです。

日常会話では滅多に使わない単語を一生懸命覚えるのは、初心者のうちは時間の無駄です。「高速増殖炉」という単語を覚えたとしても、何年に一回使うでしょうか。4年に1回のアメリカ大統領選の様子を英語で聞き取ろうとしても、次に使うのは恐らく4年後でしょう。

学習する目的が違えば方法も違うのですが、英語初心者の方は成果が見えないためにあせってしまって、回り道をすることがあります。これは私も同じでした。

自分で読んでみて、少し分からないところがある。くらいの教材を100%理解できるようになるのが、上達の早道です。

ニュース英語は、日常会話がある程度できるようになってから取り組みましょう。

どうしてアウトプットなのか

英語の学習にはインプットとアウトプットがあります。

英単語や英文法など覚えることがたくさんあって、どうしてもインプット中心の学習方法に偏りがちですが、言葉というものは使わないと上達しないものです。

よく、子どもは語学の天才だといいますが、これはちょっと覚えたことをすぐに使いたがるからです。インプットしたらすぐにアウトプット、これが語学上達の鍵です。

聞いたり読んだりしたものはすぐに忘れるものですが、話したり書いたりしたものは忘れにくいものです。

例えば友達と遊びに行く約束をしたしても、ただ「うんうん」と聞き流してしまった約束は忘れがちですが、じゃあ何時に駅前でねと復唱したり、スケジュール帳に書き込んだりしただけで、忘れにくかったような経験はないでしょうか。

日本語でさえもそうなのですから、新しく覚えようとする英語ではなおさらのことです。

ただ聞き流したり読み飛ばしたりした学習方法では、そのときは覚えているつもりでも、時間が経つと忘れてしまいます。覚えていたとしても、「ああ、あの時に読んだ所だ」と思い出すくらいのものです。

アウトプット型の学習方法に切り替えれば、脳への定着が確実になります。目と耳を使うだけでなく、口や手を使うので体で覚えるからです。

私が学生時代に英語の成績が急に上がったのも、音読と教科書をノートに書き写す練習を何度も繰り返すようにしてからです。

この学習方法なら単なる暗記ではなく英語のリズムが体に染み込むので、四択の問題などでは正解が一目で分かるようになりました。

同時通訳をされている英語のプロでさえ、シャドーイングというアウトプット型の練習を欠かさないと聞いています。

インプット型の英語学習をして成果がもう一つ上がらないという方には、アウトプット型の学習方法をオススメします。

間違いやすいゴナ

英語のドラマを観ていたり映画のスクリプトを読んでいると、2つの単語の短縮形が頻繁に出てくることがあります。

gonna → going to
wanna → want to

このあたりは、ご存知の方も多いでしょうが、正しく使える自信はあるでしょうか。

「映画を観にいくの」と言おうとして、
I'm gonna the theater.
と話してもネイティブには通じません。

gonna は、未来形でのみ使える省略形ですから、
I'm going to the theater. が正しい英文です。

I saw Tom gonna the theater.

ここでの going to も動名詞なので gonna は使えませんから、
I saw Tom going to the theater. が正しい英文です。

疑問文ではどうでしょうか。

What are you gonna do?

これは、「何をするつもりなの?」と未来形の疑問文ですからOKです。
What are you going to do?

未来形、動名詞、進行形のなかで使えるのは未来形だけなのですが、
英文法の基本知識を理解していれば自信を持って話すことができます。

日本語の人格・英語の人格

英語を勉強し始めた頃は、英会話の本を読んだり文法の勉強をしたりしますが、そのときってどんなことを考えているでしょう。

海外旅行で英語をペラペラ話してしる姿を想像したり、外人さんとニコニコ話したりしてたりする様子でしょうか。

英語を勉強し始めた頃は日本語を英語に翻訳しながら話すので、自分の人格、つまり日本語の人格で話していることになります。

ところがある程度、英語を話せるようになると、英語の人格で英語を話していることに気付くはずです。

私はリチャード・ギアさんに乗り移って話している姿が浮かびます。彼ならどんなことを話すだろうか、どんな話し方だろうか、どんな姿勢だろうか。

そんなことを考えています。

アメリカの俳優ではロバート・デ・ニーロさんが好きなのですが、どうゆうわけかリチャード・ギアさんなんですね。

好きなアメリカ人になりきって話そうとすることで、英語だけでなく、その国の文化などにも自然と意識がいっていることに気付きます。

やはり文化の違う国ですから、日本の考え方だけで英会話は成り立ちにくいことは確かです。

お礼が典型的な例ですね。

日本では人に何かしてもらったら、「ありがとう」とりも「どうも、すいません」とか「申し訳ない」などを使うことが多いと思いませんか?

これは通訳泣かせの例でもあります。

日本人が外人に対して「いろいろ気をつかってもらって申し訳ない」といったのを、通訳の人が「Thank you for ~」などと訳すと、「私は申し訳ない気持ちを伝えて欲しいんだ」という人が時々おられるそうです。

こんな文化の違いを意識しないと、英語は上手なのに気持ちは伝わらないといったことが起きかねません。

英語の人格も意識するようにしましょう。

英語でみる家族関係

お父さんは father 、お母さんは mother 、息子は son 、娘は doughter 。

このあたりは中学校でも習う英語ですから、ご存知だと思います。洋画を観たりペーパーバックを読んだりしていると、実際にはもっと複雑な家族関係が出てきたりするのが普通です。

そこで、家族関係について、もう少し詳しく勉強してみましょう。

血縁関係がない家族

結婚相手のお父さん:father-in-low
結婚相手のお母さん:mother-in-low
自分の娘の結婚相手: son-in-low

「法律上の」ということで low がつきますが、文字で書くときは必ずハイフン (-) でつながります。

お母さんの再婚相手:stepfather
お父さんの再婚相手:stepmother
再婚相手の子ども:stepbrother, stepsister

育ての親: foster parent

adoptive parent と表現することもありますが、「法律上の」といった意味合いが強くなります。

和製英語の語源

和製英語には日本独特のものもありますし、海外から伝来した発音のものもあります。

健康ブームでサラダを例にしてみましょうか。

salad 日本ではサラダと発音しますが、英語の発音では サラド 、フランスでは サラード と発音します。日本でサラダと発音するのは、ポルトガルの salada をローマ字読みして日本に伝えられたとする説が有力です。

日本は近隣に英語圏の国がないので、多種多様な英語を話す国と貿易をしていた歴史があります。そのため、様々な発音の外来語が輸入されて、英語の発音なのかその他の国の発音なのか区別できないまま、外国語=英語といった構図ができてしまったのかもしれません。

もちろん、日本人が発音しやすい音であることが条件ですけど。

Simulation は「シュミレーション」と発音してしまいますよね。正しくはシミュレーションですが、日本語として発音しづらいのか有名なテレビやラジオの放送局のアナウンサーでも「シュミレーション」と読んでいます。

別のページでも書きましたが、「プロフィール」と「プロファイル」など日本でしか通用しない英語がたくさん存在します。

日本では野球はナイターが普通に行われていますが、英語では night game といいます。

正しい発音なのかどうかを英英辞書などで調べることも必要でしょうし、ペーパーバックをたくさん読むことで正しい英語を身につけることもできます。

少しだけ和製英語を紹介しておきます。
オートバイ -> motorcycle
コンセント -> outlet
ジェットコースター -> roller coaster
トランプ ー> playing cards
ノートパソコン -> laptop

英語で干支は何という?

eto

干支は日本ではお馴染みですが、英語ではどのように書くのでしょうか。

干支そのものを英語で表すと、”the twelve signs of the Chinese zodiac.” となります。

“zodiac” は日本語では「黄道帯」や「十二宮」に訳され、西洋の星占いに使われる太陽の通り道にある星座のことです。干支は12星座と区別するために、”Chinese zodiac” としているのが一般的ですが、西洋と東洋を意識して “Oriental zodiac” と表すこともあります。

“sign” は干支の動物を表していますから、「今年の干支です」 なら “This is the year of the Tiger.” となります。

それでは、十二支を順に見ていきましょう。動物を干支で表すときは、1文字目は必ず大文字になります。

1.(ねずみ)

Mouse あるいは Rat です。英語でのMouse と Ratの違いは、Mouse は小さいねずみ、どぶねずみなどの Rat は大きなねずみのことですから、牛に乗って神様の所に行ったことを考えると、Mouse のほうが適切かも知れませんね。

2.(うし)

Ox が英語での表記です。ox は オス牛のことで、cow はメス牛です。

3.(とら)

お馴染みの Tiger ですね。

4.(うさぎ)

Hare が英語表記です。兎は rabbit を思い浮かべる人も多いでしょうが、hare は野兎など野生の兎で rabbit は小型で家庭で飼われる兎のことです。

5.(龍)

いわずと知れた? Dragon が英語表記です。龍は空想上の動物ですが、不思議なことに東洋でも西洋でも同じような姿をしています。ひょっとすると昔は実在していたのかも知れないですね。

6.(蛇)

Serpent が英語表記で、大型のヘビのことです。ヘビといえば snake が一般的ですが、聖書に出てくるヘビも serpent と書かれているそうです。

7.(馬)

これは当たり前に Horse です。

8.(羊)

これもご存知のように Sheep ですね。食用の lamp (ラム)は子羊のことです。

9.(猿)

Monkey が英語表記です。

10.(鶏)

Cock が英語表記で、おんどりの事です。Chickenはヒヨコや調理された鶏の意味合いが強いようです。

11.(犬)

Dog が英語表記です。

12.(猪)

Pig が英語表記です。「えっ、豚?」・・・そうです。干支が日本に伝わった時代には、日本では豚が一般的ではなかったのでイノシシに置き換えられたそうです。

雄雌で呼び方が違う動物は、必ず雄の呼び方が取り入れられているのが英語の特徴ですね。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

英語で名前を書く

英語で名前を書くのは日本独特のものがあります。

山田太郎 -> Taro Yamada

田中花子 -> Hanako Tanaka

このように姓名が日本語とは逆の表記になりますね。

それでは、

夏目漱石

徳川家康

これを英語圏の人たちはどのように書くかというと

夏目漱石 -> Natsume Soseki

徳川家康 -> Tokugawa Ieyasu

のようになります。

日本文学に興味を持っている外人さんに、Soseki Natsume などというと、一瞬考えられてしまいます。

日本人が初めて外人さんに出会ったときに、日本とは姓名が逆になることから、その風習に従ったものと考えられています。

このように姓名が逆になるのは日本独特のもので、例えば「毛沢東」は「Mao Zedong」となり、姓名が逆にはなりません。

企業名でも同様で、「三井住友」であれば「Sumitomo Mitsui」となっています。

この風習はすっかり定着してしまったので、今から変えることはまず不可能でしょうが、良いのか悪いのかよく分からない不思議な風習ですね。

英会話をマスターしやすい性格

英会話をマスターしやすい性格というのはあるのでしょうか。」

国際交流の仕事をしている人と知り合うことがあったので、こんな質問をしたことがあります。その方は学生を中心に、国際交流や国際文化に興味のある数多くの人と接していると聞いたので、ちょっとした興味から聞いてみたわけですが、気になる返事は・・・

「あります」 ということでした。
やはり、話すことが好きな人ほど、英会話の上達も早いそうです。

ただ、気をつけないといけないのは、英会話が上達するというのは、言葉によるコミュニケーションが上達するというだけで、人としてのコミュニケーション能力があがるのとは別なようです。

私たち日本人は当たり前に日本語を話しますが、言葉を話せることとコミュニケーションが上手なのとは違いますよね。日本人が何か失敗をしたときに、外国の人に 「これだから、日本人は・・・」 なんて言って笑っていたら、その人の人格が疑われます。

日本人であっても外国人であっても、この原則は同じです。英会話を上達することだけに一生懸命になっても、コミュニケーションが取れるわけではないことを忘れないよにしたいですね。

give & take

give & take という言葉はご存知ですよね。日本語に訳すと 「持ちつ持たれつ」 といったところでしょうか?外国では give & take が日本より一般的といったお話です。

アメリカ人の知り合いがポケットラジオを持ってきて、「これいらない?」 って聞いてきました。特に欲しくはなかったんですが、いらないんならもらおうかくらいの気持ちで 「うん、ちょうだい!」って返事をしたら、「じゃあ500円でどう?」 と言われました。

何だよ押し売りかよ!!って(笑)思ったんですが、よく考えたらこれが外国人では当たり前の give & take の文化なんですね。彼にとってはいらないものだけど、私にとってはあっても困らないもの (あるいは必要なもの) なので、じゃあ見返りを頂戴みたいな感覚でしょうか。

日本の文化では自分がいらないものはタダであげるのが当たり前の行動ですが、外国では違う文化になります。英語を勉強するには言葉だけではなく、こういった文化も一緒に覚えておきたいですね。

各地で外国人と交流がもてるコミュニティが活発に活動していますが、これも give & take の一例といえるでしょう。私たちにとってはネイティブから外国語やその国の文化がが学べるし、相手にしてみれば日本語や日本の文化が学べる。まさに give & takeの典型的な形ですね。

最近これらのコミュニティでは、お金の貸し借りや保証人になって欲しいなどと持ちかけられてトラブルになることもあるようです。お人よしの日本人は断りきれなくて 「うん、いいよ」 と返事をしてしまいがちだそうですから、嫌なものは嫌とハッキリ答えるようにしましょう。

海外旅行での失敗

海外旅行では旅先の失敗って結構あるものです。『旅の恥はかき捨て』は国内だけに通用するもの、海外に行くなら国際人としての自覚はもっておきたいものですよね。

私の(あまり自慢できない)海外旅行での出来事を少し書いてみますので、「また、日本人か・・・」と思われないように参考にしてください。

レディーファースト

チェックアウト

おみやげ売り場で

リゾートでの勧誘

ハ~イ、ジャック!

飛行機を乗っ取ることをハイジャックと呼びますよね。高いところを飛ぶ飛行機だからハイジャックなのかと思っていたら、語源はとんでもないことろにありました。

昔アメリカで自動車強盗が多発していたころ、強盗が運転手に銃をつきつけて、”Hi, Jack!” と声をかけて車を奪っていたそうです。それが転じて、このような行為をハイジャックと呼ぶようになりました。

これ以外にも諸説あるのですが、どれも “Jack” は人の名前を表しているようです。”Jack” とはアメリカでは親しみを込めて呼ぶときの名前で、日本では 「太郎」 に相当するものだといえば分かりやすいでしょうか。

最近話題の米ドラマ “24” の主役 “Kiefer Sutherland” が演じる “Jack Bauer” 、少し古いところでは “Robert De Niro” が、初のコメディー映画に挑戦した “Midnight Run” では “Jack Walsh” 役を演じています。

語源は “Hi, Jack!” ですが、現在のアメリカでは飛行機ジャックを “Sky Jack” 、車ジャックを “Car Jack” と呼んでいるようです。できれば経験したくないですよね。

感謝と謝罪

英語では、「感謝と謝罪」は明確に分かれていますが、日本語では結構あいまいだったりしますよね。英語で感謝は “Thanks”, “Appreciate”、謝罪は “Sorry”, “Apology” などがあります。

日本語ではどうかというと、人に何かを手伝ってもらったり親切にしてもらうと、感謝の気持ちを伝えるために「どうも、すみません」と謝罪します。つい言葉に出てしまいますよね(笑)。

外国で人に親切にしてもらったときに “I’m sorry.” と言うと、変な顔をされることでしょう。自分をへりくだる日本独特の?文化ですからね。

日本に長く住んでいらっしゃる外人さんであれば使い分けができてるみたいですから、感謝の気持ちを「すみません」と伝えても問題はないようです。

若い人であれば、日本人同士であっても「サンキュー」なんて気軽に話してますから問題はないでしょうが、お年を召した方は「自分は申し訳ないという気持ちを伝えたいんだ」と、” I’m sorry.” にこだわる方もいらっしゃるようです。特に通訳を介しているときは、通訳泣かせなんでしょうね。

英語で感謝と謝罪を表現するのには、ビックリするくらい単語があるものです。謝罪のなかには遠回しな「お断り」の表現もあるので、さらに表現が増えてきます。一度には覚えきれないので、本をたくさん読むなり洋画を楽しみながら覚えていったほうがよさそうです。

英単語の覚え方

英語力は単語の量に比例します。日常英会話であれば、2000語も覚えていれば困ることはないでしょうが、雑誌や単行本を読もうとすると単語力の少なさに驚かされることになります。

では、ネイティブはどれくらいの単語を知っているかというと、約20000語だと言われています。我々がテレビを観たり新聞・雑誌を普通に読める程度の単語量だと思えばいいでしょう。

実際にこれ位の単語量を必要とする人は、日本人の中では少ないことでしょうが、子ども向け(ヤングアダルト)の小説くらいは楽しみたいですよね。

4000~5000語も覚えれば、楽しめる小説はかなり増えてくるはずです。

英単語の覚え方には決まりはありません。学生時代にお世話になった「単語帳」を使う方法もありますし、自分のレベルに会った書籍などから文として覚える方法もあります。

英英辞書を使うときには、英単語を一回調べるごとに、その単語の横に○印をつけておきましょう。「そうだ。この単語は前にも調べたんだ」と記憶に残りやすくなるので覚えるのも早くなると思います。

○印が7つも8つも並んでいることもありますが(笑)、それだけ利用頻度が少ない単語だと割り切ってもいいですし、「どうしても今回覚える」と決めたのなら単語帳に追加してもいいでしょう。

英単語を覚えるコツがあるとすれば、同じ分野の英単語を集中して覚えることでしょうか。

「体」の単語だけ集中して覚えれば30個くらいは一度に覚えられます。関連した単語ですから、バラバラに覚えるより効率的です。

小説などを利用して英単語を覚える方法もあります。恋愛・アドベンチャー・宇宙など、同じ分野の小説には共通する英単語が頻繁に出てきますから、読むスピードも段々と早くなってくるはずです。