自分の日記を読み返す

英語で書いた日記を読み返してみることは非常に重要なことなので、一ヶ月に一回でもいいので実行してください。

英単語のスペルを間違えていたり文法を間違えていたりすることがあるかも知れませんし、何を書いているのか自分でも分からないことがあるかも知れません。

実はコレって、英語を学習するのに大切なステップなんです。

間違いに気付いたということは、それだけ自分が成長していることを実感できるので、よし頑張ろうというモチベーションのアップにもつながります。

間違いをすることは悪いことばかりではなくて、実はいいことでもあるんです。

一つの間違いを見つけることで、自分の間違いパターンみたいなものを知ることができます。

例えばラリルレロが含まれている英単語。diary library など、あれっRとLどっちだったかな?と悩むことがあると思います。

英語の音読をしている人なら普段から発音も意識してしているので悩むことは少ないはずですが、英語を口にする機会が少ない人にとっては覚えにくいものです。

スポンサーリンク

-lyで終わる英単語は基本的に形容詞に付けられることが多いので、この規則を覚えて置くだけでも正しい英単語を書くことができるはずです。

英文法も、英語学習初心者にとっては悩みの種ですね。

間違って覚えてしまった基礎的な英文法は、長い文章を書くときにも影響してきます。

正しい英文法を覚えなおしてみると、今までに書いた英語日記の間違いがポロポロと見つかることがあります。

あるいは、もっと簡単な表現にできたりすることもあります。

英語日記の間違いを見つけたら

もし間違った英文を見つけても、絶対に消さないでください。

どうして間違えたのかを後で見たときに分かるようにしておくことで、英語学習が加速することがあります。

間違いを見つけたら、赤ペンでアンダーラインを引くなどして目立つようにして、間違いを訂正します。

そうすることで自分の間違いパターンが一目で分かりますし、わざと分かるようにしておくことで知識の定着にもつながります。

スポンサーリンク


allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法