日本語を書きつつ英語日記

英語日記を書こうとすると、どうしても考えこんでしまって書き出せないことがあるかも知れません。そんなときは、日本語で簡単に日記を書いて、それを英語に翻訳する方法を試してみてはどうでしょうか。

今日は、6時に起きた。昨日は寝坊したけど、今日は時間通りに起きられた。ちょっと風邪気味だ。

新しいスマホが発売されたな。au に寄ってみようかな。

I got up at 8 O`clock. I overslept yesterday, but I got up on time today. I caught a little cold.

A new smartphone was released. Will I go to the au shop?

このように、日本語を先に書いてから英語に翻訳していきます。レベルの高い日記を書こうとすると英語に翻訳できなくなりますから、なるべく簡単な言葉を選ぶようにしてください。

まず、日本語で考えをまとめてから英語に翻訳する。はじめはこんな方法から初めてみるほうが、案外簡単で長続きするかもしれません。

スポンサーリンク

どうしても英語に翻訳できなければ、日本語のままでも大丈夫です。日記というものはあとから読み直すものですから、自分の進歩を確認するのにも役立つはずです。

どうしても英語の表現が気になるなら、便利なサイトを紹介しておきます。

Weblo日記の書き方

大雑把な日本語でもかなり正確に翻訳してくれます。まず自分で英文を考えてから、このサイトで確認するといった使い方をすれば強力なツールになるはずです。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

スポンサーリンク