クイックマスターzero

イングリッシュ・クイックマスターzero

英語学習と聞くと長い文章を書いたり話したりすることを思い浮かべがちですが、普段の会話を思い出してみても、案外短い言葉で会話していませんか。

A:「週末はどうしてた?」
B:「お台場に行ってた。」
A:「何かイベントやってたの?」
B:「ほら、実物大のガンダムが出来たじゃない。」
A:「ああ、あれね。人多かったんじゃないの?」

こんな短い会話で十分コミュニケーションが取れています。英会話といっても、こんな簡単なことが話せれば十分なんです。

英語が必要な仕事に就くとなると専門の英単語や更に上級の英文法を覚える必要がありますけど、まずは基本の会話ができるようになりましょう。

短い会話から始める

日常会話を英語で話せるようになるには、短い言葉を繰り返し使うことが一番だと思います。

簡単で単純な英文を繰り返して話していると、意識していなくても英語が口から出てくる瞬間が増えてきます。

学習の成果が見えてくるまでは、学習時間を長くしないほうが長続きします。少しの時間でもいいので、毎日英語を話すことが大切です。

一日5分だけ英語をつぶやいて基本の英会話ができるようになるための教材が、
アルクの新しい教材「イングリッシュ・クイックマスターzero」です。アルクのレベルでは、一番簡単な超初心者向けの教材の位置づけになっています。

スポンサーリンク

一ヶ月は20レッスンなので、平日だけの練習でも余裕で進めることができます。

教材の音声には、元気が出る朝の学習パターンと、気分が落ち着く夜のパターンの2つのパターンが用意されていて、学習する時間帯に応じて選ぶことができます。

この教材には自分の声を録音することで発音を採点してくれる、MyETが標準でついてきます。パソコンだけでなくスマホやタブレットにも対応しているので、練習場所を選びません。

音声を採点するアプリはたくさんあるのですが、MyETは音声の波形をネイティブと比較するので、いくつか試した中では一番信頼できると思います。

学習の進み具合をチェックできる専用のサイトも用意されていますから、モチベーションも高まります。

一日分は最短5分で終わるスケジュールですが、前日分の復習をしたほうが効果が高まりますから、10分から15分くらいをみておいたほうがいいでしょう。


教材の詳細はアルクのサイトで確認してください
こちら↓
イングリッシュ・クイックマスターzero

講座の内容については販売元のアルクのHPのほうが情報量が豊富です。
興味のある方は参考にしてみてください。


スポンサーリンク