イングリッシュアドベンチャー

イングリッシュアドベンチャは、英語を学習している人なら一度は目にしたことがある英語教材ではないでしょうか。家出のドリッピーを始めとする息の長いベストセラーです。

人気の秘密は日本でもファンが多い、シドニー・シェルダン氏による書き下ろしということでしょう。

初級・初中級・中級・上級と英語学習者のレベルに合わせて展開するストーリー、声優はオーソン・ウェルズ氏やハリウッドスターが担当し、ストーリーに合わせた効果音やBGMが物語を臨場感あふれるものに仕上げています。

私も「家出のドリッピー」と「コインの冒険」を申し込みましたが、英語の学習というよりも、「ストーリーを楽しんでいたら英語力が上がっていた」といった感覚でした。

CDでリスニング、テキストでリーディング、EXERCISES でライティングといった構成で学習を進めていきます。解説書には重要な単語や文法が解説されていますから、テキストを読んでも理解できない部分を学習できるようになっています。

■イングリッシュアドベンチャーの効果的な学習方法

一巻の長さは数十分ありますから、数分単位で構成されているパートごとに学習していきましょう。

1.CDを聞きます

まずテキストを読まないでCDと聞きます。1回目ですべてが聞き取れなくても心配ありません。物語の大筋が理解できれば、それで十分です。

2回目からは、意味の分からない部分をストーリーの前後から推測するように注意しながら聞きます。

英語を英語として出なく絵本のようにイメージとして理解しようとすれば、自然と理解できる部分が増えてくるはずです。英語 -> 日本語ではなく、英語 -> イメージとして理解できたものは忘れにくく、洋画などを観ていていると意識しなくても自然と理解できるようになります。

これがイングリッシュアドベンチャーをオススメする最大の理由です。

この効果を生かすためにも、最低5回は繰り返しCDを聞いてください。

2.テキストを読みます。

次にテキストを読みましょう。分からない単語や文法などは、付属の解説書や英和辞書を参考にして、内容を完全に理解するようにします。
※和訳はついてきませんが、何回も聞いたり読んだりしていれば必ず理解できます。

テキストを読み直して、全ての内容が瞬時に理解できるようにします。

3.テキストを読みながらCDを聞きます。

スポンサーリンク

今までの学習ですべての意味が理解できているはずですから、文字と音を一致させます。発音やイントネーション、リズムに注意しながら聞きます。声を出して音読することで、英語が自分のものになります。

4.CDだけを聞きます。

今まで聞き取れなかった部分についても理解できましたか?もし理解できていない部分があれば、2.を繰り返しましょう。

5.EXERCISES をします。

ストーリーを理解できているかを確認する EXERCISES がありますので、力試しに挑戦しましょう。ここは英文を書く練習ですから、ある程度の英語の知識が必要になりますが、英語で書けなければ日本語でもいいでしょう。

巻末には回答例がありますので、これを参考にしながら英文を書く練習をしましょう。カンマやピリオドも正確に書けるようにします。

6.英語を自分のものにする。

一巻がすべて理解できたからといって安心してはいけません。

今の段階は、ただ「聞き取れた」というだけで、英語が自分のものになったとはいえないからです。その後も何十回と繰り返し聞くことで、英語 -> イメージを頭に焼き付けます。テキストを読みながらの音読も効果的です。

そうすることで、理屈や文法を超えて、どうしてこの英語が使われるのか?といったことが分かるので、同じような表現を他の場面で見ても瞬時に理解できるようになるのです。

7.どうしても難しすぎるのなら。

イングリッシュアドベンチャーの特徴は10日間の試聴制度があることです。もしレベルが合わないと感じたら、無理をせずに返品しましょう。あるいは初中級を申し込んで難しいと感じたのなら、初級に申し込み直すことも可能です。

実際に申込者の半数は返品手続きをしているようですし、私は初級と初中級だけ受講して退会しましたが、それ以降ダイレクトメールなどは一切来ていません。

これはアカデミー出版のポリシーのようで、こんなことで信用を落としたくないと考えているようです。だからこそ、ロングセラーとして人気を保っているのだと思います。

物語を楽しみながら、知らず知らずのうちに実力がつくのは確かなのですが、1ヶ月4500円と決して安いとはいえない受講料ですから、無理をするのはやめましょう。

allow英語日記にゼロから取り組むためのライティング勉強法

allow一日5分つぶやくだけで英会話の基本をマスターする方法

スポンサーリンク