音読のステップ

英語の音読を効果的にするには、細かく分けると4つのステップがあります。

ステップ1 聞く

教材を読みながら、音声を最低3回は聞きます。英語の音に慣れるのが練習ですから、アクセントや抑揚がどこにあるのか、鉛筆などでチェックを入れていくのもいいでしょう。

ステップ2 音読する

1センテンスの音声を聞いたら止めて、英文を音読する。これを、1レッスン繰り返します。

できるだけ大きな声で音読するのが、英語らしく話せるようになるための秘訣です。文章全体の抑揚が英語らしくなれば相手に通じやすくなりますし、正しい発音も早く身につきます。

ステップ3 筆写

スポンサーリンク

筆写とはディクテーションとよばれるもので、聞いた英文を守に書きだす作業です。ちゃんと聴いて話しているようでも、紙に書きだそうとすると手が動かないことがあります。

これは、英語を惰性で口に出している段階だからです。ちゃんとした知識として頭に入って身についているかを確認するには、筆写してみるのが一番です。

始めのうちは英単語5つ分の英文しか書き出せないかも知れませんが、段々と7単語m10単語と増えてきます。英語を確実に身につけるには欠かせない作業です。

ステップ4 シャドーイング

シャドーイングとは、英語の音声を聴きながら、少し遅れて音読する練習です。この段階まで来れば、英文を見なくてもスムーズについていくことができるはずです。

スポンサーリンク