正しい発音を身につける

英語を学習するのに避けて通れないのが、正しい発音を、マスターすることです。

私自身が英語の発音で失敗した、ちょっと恥ずかしい体験談を紹介すると・・・。

海外旅行での失敗

海外旅行先のリゾートでアトラクションを予約しに行ったのですが、受付の人が「ヤレヤレ」といった表情で正しい発音で言い直してくれました。

同じように間違った発音をする日本人が多かったのでしょうが、あの受付の人の表情は10年以上たった今でも忘れられません。

その旅行で私の英語をほめてくれたのは、おみやげ売場の店員さんだけでした(笑)。

日常会話での失敗

アメリカ人と祝日について話をしていたときに、感謝祭= Thanks giving day の話題を出したところ、相手の人が「???」みたいな顔になってしまいました。

この人、モグリのアメリカ人じゃないのと思ってたら、笑いながら「Thanks giving day!!」と言ってくれて、やっと分かってくれました。

スポンサーリンク

後から気づいたのですが、Thanks を Sanks と発音してたから通じなかったようです。thだから舌の先を歯で軽くかんで子音のスーと発音するのが正しいんですね。

これを母音のサから発音したものだから、「sanks?何か沈んだの?」みたいになってたんだと思います。

読み書き中心の英語学習では、どうしても発音がおろそかになってしまいます。英単語の発音を間違えて覚えてしまうと、後から覚え直すのは大変なことです。

英語初心者のうちは間違いを恐れずにドンドン使おうという意見もありますが、後のことを考えると、発音だけは正しく覚えておいた方がいいと思います。

英会話教室などに通っている人は別にして、自分の発音がネイティブに通用する発音なのかを知るのはなかなか難しいものがあります。

こちらのページでお手軽に発音のチェックができる方法を紹介しています。

スポンサーリンク