英語日記なら、英語学習が無理なく続けられます。

今年は英語日記で英語学習を習慣にしましょう。

英語学習で一番大切なことは、とにかく学習を継続すること。それは分かっているけど続かない。その理由は簡単で、自分のレベルが自分で判断できないからです。自分がどれだけの知識を持っているかを判断するには、テストでも受けてみないと分からないですよね。

でも、あなたが日記に書いた英文を読んでみたらどうでしょう。1ヶ月前・・・3ヶ月前・・・6ヶ月前・・・あなたが学習した成果を日記で簡単に知ることができます。

まず1分、まず1行から英語日記を書くことにチャレンジしてみませんか。

英語日記を無理なく続けるためのライティング勉強法
ライティングが苦手という人がゼロから学ぶための方法をまとめています。
自分が伝えたいことを、英語で表現できるようになるための近道だと思います。

人気コンテンツ
オススメ英語学習教材
私が実際に受講したり体験版を試用してみた英語教材を紹介しています。目的に応じた学習方法の目安になるはずです。

line

英語日記で英語学習を進める手順
英語日記をつけながら、具体的にどのように英語学習を進めていくかの手順を紹介しています。ただ日記をつけているだけでは、今のレベルを超えることはできません。少しずつ学習していく方法を紹介していますから、自分のペースで進めていただければと思います。

line

英語日記なら無理なく英語に触れることができるので、とにかく学習を継続することができます。始めから長い英文を書く必要はありません。私が初めて書いた日記は、”I bought this diary today.” 。たったこれだけです。

初心者がいきなり長い日記を書こうとしても、日本語の直訳になってしまって変な英文にしかなりません。(これはこれで、後から日記を読み返して笑えますが)。

英語日記を始めたころは短い英文しか書けなくても、日記を続けていくうちに長い英文を書けるようになります。頻繁に使う表現は、手が勝手に書いているようになるはずです(もちろん、そのための学習は必要ですが)。

日記は人に見られたり誰かに点数をつけられることもないので、気軽に書き始めることができます。日記を続けていると、普段の生活でも 「これは英語で何ていうんだろ」 と自然に考えるようになってくるので、学習も無理なく進められるし日記のネタにもなります。

英語日記なら、日常英会話も上達します。

英語日記には日常の話題を書きますから、表現できる話題も増えてきます。表現を増やすためには学習も必要ですが、学習しながら覚えた表現を日記に書き、日記で書いたことが会話にも使えるので、日常英会話も自然と上達します。

学習で覚えた表現を日記に書くことを続けていれば、あなたの日常英会話は確実にレベルアップしているはずです。ここまでくれば、日記による学習が楽しくなっている自分に気づいていることでしょう。

テストのための学習ではなく、自分のための学習を無理なく続けるには、日記が最適です。どうしても日記が書けない日は、1日2日休んでも大丈夫です。無理なく自分のペースで学習できるのも日記のいいところ!!あなたが学習した成果は、日記にちゃんと残っています。

効果的な学習方法も、私の体験談を交えながら紹介しています。学習が長続きしなかったのは、アウトプットが全然足りなかったからだと思っています。学習方法を変えることで、忘れていただけの知識も思い出すことができます。

Aug 3, 2016